PICTA BLOG
東急ED30が再生産出来ました!

今日は予報通り少し暖かい一日となりました。今週からは少しずつ暖かくなるようで

やっと気分も暖かくなりそうです。

 

今日は昨日完成状況を投稿した名鉄7500系のクライアントに作品をお渡し出来て

ホッとしているところです。遠い所からお越し頂き有難う御座いました。

末永くご愛顧頂ければ幸いと存じます。

 

さて、続けて製作中のアダチベース伊豆急ED25改造の東急ED30の再生産が

完成致しました。では、いつものように作品をご覧下さいませ。

 

DSC07139.JPG

 

前回同様のグレードで仕上りも上々です。5台製作しましたが1台は既に

先行納品したので写真は4台です。

 

DSC07142.JPG

 

ズラッと並ぶと壮観ですね。小さい機関車ながら非常に手間が掛かっています。

 

DSC07145.JPG

 

遠くからでもすぐ目に付くこの鮮やかなカラーはインパクト大ですね。

東急ファンでなくても1台欲しいなあと思うほど可愛い電機ですよ!

 

DSC07148.JPG

 

反対側からのショット。オデコに付いたヘッドライトがご愛嬌ですかね。

もちろんLEDによる点灯します。

 

DSC07146.JPG

 

正面から。今回からダミーのカプラーではなくIMONカプラーを搭載しました。

あとはワイパーの色差しを加えた事くらいで前回生産分と変わりはありません。

 

DSC07154.JPG

 

下回りはエアータンクを改造したほかパワトラ仕様をNSドライブ仕様にした事です。

センターベアラーの取付の為の大改造はテクニックが必要で5台作るのに1台分の

台車をお釈迦にしてしまいました。

 

DSC07153.JPG

 

屋根回りの様子。キットのディテールでは配管などありませんから実車を参考に

ディテールUPしてさらに色差しして見た目を良くしてあります。

 

っと言うわけで完成致しました。納品先は・・・

 

天賞堂銀座本店様及びスーパーキッズランド大須店様となります。

前回は一週間で完売いたしましたのでご希望の方は各店へお尋ね下さいませ。

 

 

アラカルト

 

仕事の合間に気分転換でやっているナカセイベースの大夕張C1101号機。

 

DSC07089.JPG

 

ボイラー周りの改造に着手しました。左右サイドタンクとコールバンカータンクに

付く水口はニワのパーツを活用して取付けてみました。やはりプレス一枚板とは

全然感じが違いますね。

 

雨樋もキャブ手すりも取っ払って新しいものに作り変えます。

ボイラー洗口栓もエッチング表現の上から穴あけしてロストパーツに替えます。

オーバースケールのハンドレールも当然交換予定。

 

DSC07091.JPG

 

コールバンカー後ろはエッチングのディテールを削り落としました。

今後は所定のところにロストパーツを差し込んでゆきます。

 

DSC07092.JPG

 

非公式側。この私鉄型C11のコンプは複式型になっています。写真を参考に

位置を確認しながらランボードに糸ノコで大きく開け直しました。

固定は裏側のボスがランボードの下面に運よく位置が合いそうなので固定できそう。

 

タービンは北海道らしくマフラーの短いタイプが付きますが台座が独特の形を

していてその上に乗っかっています。自作するには大変だけではなく手に触れやすい

箇所だけに強度が不安なのでちょっと違いますが鈴木工房の北海道型9600用を

ボイラーに切り込みを入れて取り付ける事にしました。

 

そのほか煙突をミズノのパーツに交換、サンドドームも同じくミズノのパーツに

交換してそれらしくしてゆきます。安全弁座はモールド削って鈴木工房の9600用

パーツを使って位置をずらして取付できるようにしました。

 

何となくイメージが沸いてきたと思います。しかし、あくまでの本業優先ですので

ストレス解消のための気分転換は大目に見て下さいね。すいません。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
名鉄7500系いよいよ完成へ。

今日も朝からずっと寒い一日でした。明日からは暖かくなるみたいですが・・・。

 

さてさて、随分とお待たせしておりました日車ベース名鉄7500系が完成致しました。

受注から随分とお待たせしていましました(他にも随分とお待たせして申し訳ありません)

 

昨年マスターピースベース名鉄5300系改造5700系製作した以来の大作です。

キットは1次車ですがこれを4次車に大改造を致しましたので相当時間が掛かりました。

それではダイジェストで写真をご覧下さいませ。

 

DSC06620.JPG

 

完成した名鉄7500系4次車。フル加工ですよ〜!

 

DSC06633.JPG

 

先頭車を中心に解説してみましょう。車体はキットの1次車から名鉄7000系で

いえば3次車にあたる改造です。もちろん実車通り6連仕様となっております。

 

DSC06645.JPG

 

この7500系は当工房のオリジナルカラーであるスカーレットではなくクライアントの

希望により再調色したカラーとなっております。もし、いつもの色合いと違うと

感じたあなたはさすが名鉄通ですぞ!

 

DSC06635.JPG

 

今回は艶はすこし押さえて落ち着いた仕上りにしてみました。

コクピットも塗り分け済。

 

DSC06641.JPG

 

正面から。ジャンパー栓はありませんので非常にすっきりした表情になっております。
行き先種別はクライアントの指示とおり「特急・豊橋」です。

行き先板のレタはキットのものは出来が悪いのでホビダスの余り品を使用しています。

 

DSC06636.JPG

 

大きな窓から良く見える室内。メーカー完成品は一次車で登場時ですから

モスグリーンですがこちらは当然ダークレッドです。全て色分けしてあります。

 

サイドからの写真を見て気が付いた方はさらに名鉄通。ガラス押えの桟を

ハシゴ状のカタチから「H型」に全車輌改造しています。一本一本カットして

仕上げていますから非常に手間が掛かっています。

 

DSC06625.JPG

 

屋上から見てみるゥ〜。1・2次車は小さいクーラーが並んでいますが4次車は

ご存知の通り7000系3次車同様にこのクーラーになっています。

チマチマと屋上機器を配置替えすること何時間も掛かって作業を終えました。

 

さらにセンター位置をちゃんとオフセットしてありますゥ。もっと言えば

ベンチレーターもすべて配置替えしています。なので本物の4次車仕様なのです。

キットにはアンテナ台も入っておりませんのでカツミさんに特別お願いして

クーラーおよび追加したベンチレーター、ダクトをお分け頂きました。

 

DSC06622.JPG

 

パンタ周り。屋上機器を色分けしてメリハリをつけてあります。写真では判りにくい

ですが屋根色の地の銀色と機器の銀色少し変えてあるんですよ!

もちろんパンタは銀色ですがリペイントする拘りです。

 

DSC06629.JPG

 

パンタ付近UP。どうメリハリ付いているでしょ?如何ですか?

 

DSC06623.JPG

 

妻面側から。何とも変化がないように見えると思いますが4次車はクーラーが妻面横樋に

乗っかる形になりますからそのような加工もちゃんとしてあります。

貫通扉は勿論グレーです。

 

DSC06652.JPG

 

側面からの仕上げはこんな感じに。程よい艶度合いに切り抜きナンバー貼り付け、

ドアー周りのドレスUP、号車ナンバー取付済。さらに車側表示灯の取付。

 

キットはプレス表現しかないので削り落して再度穴開けしてエコーパーツを取付。

窓の桟からして1次車とは明らかに感じが違うのがお判りと思います。

 

DSC06647.JPG

 

再びキットの図面と見比べてみるとその違いがハッキリと判ると思います。

手間が掛かった分出来上がった喜びは製作者にもあってご依頼主であれば想像を

絶する存じます。

 

DSC06651.JPG

 

そしてもう一つアイテムを入れてあります。ホビダスのミュージックホーン。

この4次車の前にメーカー完成品加工時にシステムを導入した事がありますが

こちらも同様にして搭載してあります。

 

随分とお待たせ致しましたがようやく完成してお届けになります。

特殊なパーツや加工を施しておりますのでもう2度と製作できない幻の一品として

大切にして頂ければ幸いと存じます。

| atelierpicta2 | 日記 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年。

明けましておめでとうございます。

今年も「あとりえピクタ」をよろしくお願い致します。

 

DSC06187.JPG

| atelierpicta2 | 日記 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年も一年有難う御座いました。

早いもので今年もあと1時間を切りました。平成最後の年末でしたね。

今年は災難の年と世間では言われておりますが自分も何かとトラブルが多い一年でした。

毎年必ずとお約束をして果たせなかった事にいつもながらお詫び申し上げます。

 

秋口からは本当に体の調子が悪くて予定より大幅に仕事が遅れてしまいました。

次年度は健康面もちゃんと管理してオーダーを頂いているお客様により良い

作品をお届けしたい所存で御座います。

 

次年度は名鉄モノから少し離れて(やらない訳ではありませんが)

旧国電や別の私鉄等を手掛けてみようと思っております。

不慣れな点もあるかと思いますが一から勉強ゆえにご指導賜りたいと存じます。

 

今年も一年間「あとりえピクタ」をご支援頂き本当に有難う御座いました。

来年もよろしくお引き立てのほどお願い致します。

それでは皆様良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

あとりえピクタ     服部達也

| atelierpicta2 | 日記 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
珊瑚模型への思い入れ。

とうとうクリスマスも過ぎてしまい今年もあと2日となりました。

年々師走感が無くなるというか感じる事が無くなってきていますね。

 

さて、先日出かけた珊瑚模型店ですがあれからふと思い立ち押し入れの中に

仕舞ったままの珊瑚のキットを引っ張り出してみました。

 

DSC05221.JPG

 

現在おいらが所有しているキット。プロモデラーに転向する前は珊瑚製品だけで

約30機は所有していましたが工房の運営資金にかなり消費してしまいましたので

今これだけになってしまいました。蒸気の製作熱も冷めていたのも事実ですが。

今となっては手放さなければ良かったな。でもあってもいつ作るんだって話だけど。

 

DSC05228.JPG

 

箱の一つ(写真は大夕張4号機)を何年ぶりに開けてみました。

ご覧のようにスポンジがカステラ状態でしたが運よく組みかけの本体は紙で包んで

いたのでスポンジの付着を免れました。

 

DSC05224.JPG

 

組みかけのボイラー周りと特徴あるテンダー。あれから何年経ったのでしょうか?

 

DSC05226.JPG

 

テンダーは既に完成しています!ボイラーの製作が始める頃から仕事が忙しくなって

それきりだったと思います。

 

DSC05229.JPG

 

こちらはサンゴのC58船底テンターキットベースの北海道型の製作途中品。

真鍮のくすみが時代の流れを感じさせます。

 

DSC05233.JPG

 

テンダー周りの加工。配管がまだ全部済んでいませんが大枠では出来上がっています。

 

DSC05231.JPG

 

C58ボイラー周り。ドームの加減弁座の新製やランボードのリベットの植え込み等

かなり気合が入っていますね。今だったら気力と視力が追いつくかしら?

動輪も黒メッキを施すなど当時から拘って作っていたみたい。

 

名鉄モノばかり作ってきたのでおいらが蒸気を組めないと思っている方がいるようですが

手慣れていないので商売にはしていませんが一応組めますよ!

 

先日某模型店に行った時の事、店主に蒸気組むの?と驚かれてしましました。

やっぱり名鉄モノ固定が強いみたい。

っと言うわけで来年はプライベートで珊瑚模型店さんに敬意を表して1年くらい

かけて1機くらいは作りましょうかね。仕事多忙なのでとん挫する事大ですが

再開しましたらブログに書き綴ってみたいと思っています。

 

当工房の製作は年内30日まで、年明けは1月4日から再開致します。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
珊瑚模型店営業最後の日。

昨日最後の営業日となった「珊瑚模型店」へ行って来ました。

1964年の開店から実に54年。とうとうその時を迎えてしまった。

 

おいらが鉄道模型を始めた時はSLブームのさなかでありました。

まだカツミやエンドウでしか遊んだことのないおいらにとって

蒸気機関車の模型なんて遠い存在でした。

 

学校を卒業して就職した年初めてサンゴの蒸気キットを手にしました。

ちょうど同店15周年記念ということで当時¥9,600で「8620」を買った。

当時の初任給が11万ほどだから18歳のおいらにとっては「清舞の思い」でした。

 

あれこれ果敢にトライするのも未熟なためにご多分にももれずジャンクと化した。

それから蒸気機関車への思いは非常に強くいつかは立派な蒸気が組めるように

なりたいとあこがれだけはありましたが・・・。

 

しかし、アマチュアからプロモデラーに転向して仕事が忙しくてそんな

若き熱い思いも忘れ去り日々の仕事に流されていました。

ところが先月11月に突然同店の閉店情報を聞いてしまった。ショックだった。

しばらく蒸気機関車とは無縁の生活をしていましたがまさかそんな日が

来るとは思いもよりませんでした。今春の篠原模型店の廃業でもショックでしたが

珊瑚模型店の閉店はもっとショックで聞いた時点ではもう終了していると

聞いていました。しかし、先日前に今月23日が本当に最終日と情報をつかみ

来店する事が出来たのです。

 

まあ、ウンチクはこのくらいにして訪問記にしましょう。

 

DSC05799.JPG

 

場所は勿論知っているので早速大江戸線を経由して方南町まで行きます。

外へ出れば直ぐにオレンジ色の看板が直ぐに目に飛び込んできます。

 

DSC05803.JPG

 

実に訪問は10年ぶりくらいですね。東京へ移転して丸6年が過ぎましたが

一度も訪れる事がありませんでした。いつでも行けると思うとなかなか行動が

伴わないんですね。こんな事ならもっと通っておけば良かった。反省する事しきり。

 

DSC05831.JPG

 

早速2Fの店舗へ上がって行く。最終日なので相当混雑を覚悟していましたが

意外と人はいませんでした。先週の日曜日は常時30人以上いたそうで床が

抜けないかと心配していたそうです。

 

それでも入れ替わり10人以上はお客さんがいて親しくお話をされる方、

パーツを漁りまくる人、参考作品を見入る方、たくさんおられました。

 

私も当然欲しいパーツが一杯ありましたので何とか90%ほどの確保が出来ました。

既に情報は得ておりましたがキットは一部の13mmキットを除いて皆無でしたね。

これからは転売ヤーが幅を利かせる時代が来そうですが何か心に寂しさを感じる気も

しました。それでも半分諦めていたパーツが意外に残っていたのはラッキーでした。

 

DSC05806.JPG

 

お店の方の許可を得て撮影しました。キット在庫は写真のとおりです。

動輪とか従台車とかはもう皆無かと思いましたが結構残っていましたよ。

自社とはいえこんなに蒸気パーツがあるお店は此処だけで総本山の力を改めて

知りました。

 

DSC05808.JPG

 

少し前に発売になったC552次流線系。サンプルは初めて見ました

 

DSC05809.JPG

 

D52北海道密閉キャブ仕様のキットサンプル。北海道好きのおいらには

よだれタレまくり・・・。手に入れたかったですゥ。

 

DSC05814.JPG

 

おいらの好きな機種である「9600型」しかも写真はすべて北海道仕様。

何だか胸が熱くなるね!

 

DSC05816.JPG

 

手前C55から奥はD51各種。手前のC55北海道タイプは一度入手したものの

諸事情で手放してしまった。やっぱり手放すんじゃーなかったな。

 

DSC05817.JPG

 

C62シリーズ。こちらも欲しかったキットでしたがその時は蒸気熱も冷めて

いたので仕方ありませんね。持っていたとしても多分仕事多忙で作れるかわかりませんが。

 

DSC05833.JPG

 

っで、結局パーツはこれだけ漁ってきました。手持ちのキットがあれこれ使い込んで

しまい不足になっていたのでその補充です。購入したパーツは9600用と

D51用の2とおりだけ。特に9600は「北炭」仕様が好きなので一通り

買っておきました。何度も再生産している9600ですがSキャブ仕様は

やってないのでまさかランボードとキャブのパーツが入手できるとは思いませんでした。

 

DSC05836.JPG

 

我が家に在留する珊瑚及び鈴木工房のパーツをぶちまけました。

おいらが蒸気をやるとは思っている方はあまりいないと思います。

随分と処分してしまいましたがまだまだ結構残っているんですよ。

もうすでにプレミアものも結構ありますからそのうち見せびらかせようかな〜。

あー、うそうそ。

 

ともあれ出かけて良かった。本当に心残りになるところでした。

また来春パーツを主になるけど営業を再開の予定とも伺っておりましたので

ちょっと安心しました。珊瑚模型店さん、長い間本当にありがとうございました。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
蒲田の模型ショウでお待ちしております。

いよいよ今年も「第43回日本鉄道模型ショウ」が明日から開催となりました。

連日の激務で頑張ってはいましたが遅れに遅れていた仕事が押して

なかなかまとめる事ができませんでした。

 

しかし、今年度は物販もほとんどやりませんのでゆっくりとお話は出来ると思います。

工作の技法等など質問があればお気軽にお声をかけて下さいね。

 

DSC04776.JPG

 

ここ数年で一番しょぼいブースになりました。(涙;)

パーツジャンクは少し出ましたので持ってゆくことにしましたが例年のように

お宝はほとんど皆無なのであしからず。

 

DSC04770.JPG

 

あとりえピクタオリジナルロストパーツは揃いました。

先日の東急ED30に使用した「作業灯」や西武801系Tc用台車ボルスターは
再生産できました。

 

DSC04100.JPG

 

作品は谷川ベース名鉄3400系を若干再生産。

 

DSC04772.JPG

 

参考出品として「名古屋市局250型」を披露。

 

DSC04774.JPG

 

まだ仮組みですが感じは掴めると思います。

 

その他数点予定品を展示の予定です。

 

それでは今年も「あとりえピクタ」のブースにてお待ちしております。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
第43回鉄道模型ショウに出展します。

台風25号がもたらしたフェーン現象も落ち着いて今日は秋らしい気温になりました。

 

業務多忙でちゃんとアナウンスがしていませんでしたが今年度も第43回

鉄道模型ショウに出展致します。

 

DSC04717.JPG

 

毎年10月末か11月初めに開催されることが多いのですが今年は会場の

都合とかで早い時期での開催となりました。従ってただでさえ遅れている仕事の

中で作品を作るのは非常に時間的に厳しい事でした。

 

また、毎年やっていました物販は今年度やらない事にしましたので中古品や

特価品等はありません。わずかにパーツジャンクがあるくらいです。

いつも忙しくてゆっくりお話が出来なかったお客様には今年度はゆっくり

お話が出来ると存じます。

 

次年度の作品製作計画やクライアントの受注状況等の打ち合わせ等も

させて頂こうと思っています。また普段聞けない工作のヒントや技法等の

ご質問があれば気軽にお声をかけて下さいね。

 

それでは今年も蒲田の模型ショウのブースにてお待ちしております。

 

 

話変わって。

随分前ですがアダチ製作所さんに頼んでおいた「特注ハンダゴテ先」が

出来上がってきました。

 

DSC04674.JPG

 

当工房が使っているのは「アカエ」のハンダゴテですが今まで鶴首タイプの他、

スリムタイプのものを使ってきました。昨年の蒲田のショウでアダチさんから

こんなんあるよとのお見せ頂いたのはスリムタイプのロングバージョン。

通常より1.5センチほど長いです。蒸気製作ならボイラーの奥にまで

半田付けする事ができますね。

 

また鍛造仕上げなのでフラックスによる摩耗が鋳造品よりモチが良い所が

嬉しいです。なんせフルにハンダ付けやっていれば1か月で1本消費して

しまうくらい製作台数がありますから。では早速使わせて頂きます。

 

 

さらに話変わって。今月のお買い物。

 

DSC04683.JPG

 

10月1日よりエンドウさんの下代UPがあったため駈け込み需要で注文してました。

下回りが主なパーツですがなかなか出費も先月に引き続き嵩んで涙目です。

 

模型ショウが終り落ち着いたら気合を入れなおして頑張らないといけません。

間もなく今年もあと2か月余りか、一年なんて本当に早く感じます。

| atelierpicta2 | 日記 | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊豆急ED25と東急ED30が完成!

昨夜の台風は凄かったですね。夜間だから余計に外が見えなから不安でした。

昨夜が平日だったらまた大変だったと思います。

 

先日久しぶりにブログの更新をしたのですが気が乗っているうちに

続けてゆくつもりでしたがずっとハードなスケジュールだったので

体力の消耗も激しくて意気込み通りにはなりませんでした。

 

ほとんど9月は更新できていませんがその間何をやっていたのかというと

これ、アダチのキットベースでオリジナルの伊豆急ED25と改造で東急ED30を

コツコツとやっておりました。

 

DSC04548.JPG

 

見た目も鮮やかな東急ED30(手前)とオリジナルの伊豆急ED25。

さすがに6両を1か月にまとめるのはかなりシンドイ仕事でした。

 

製作記事は後追いという事で改めて投稿しますがまずは完成品の披露から

する事にしましょう。まずはキットオリジナルの伊豆急ED25から。

 

DSC04551.JPG

 

キットは設計が旧く(多分30年以上前のキット)随所に手直しが必要でした。

また最近のキットと違って手すり等はすべて自分で曲げないといけません。

ところどころに実車と違うエラーがあったりとカタチにするまで時間を食いました。

 

DSC04553.JPG

 

実際には各3台ずつ製作しましたが写真は2台ずつの撮影となっています。

正面フロント周り。エンドビームは下回りと合わせて黒色と思ったら車体色だったり

して後から慌てて塗り直しをしながらまとめてゆきました。

写真でお判りの通りボンネット上のヘッドライトは点灯するようにしてあります。

 

DSC04555.JPG

 

ちょっとわかりにくいですがエアータンクの配管は1エンドと2エンドでは

違いますので図面通りに取り付けてあります。またクライアントの指示により

パワトラを使用しないで!とのことで東急ED30も含めて全車NSドライブを

両端に搭載してあります。なのでスポーク車輪と相まって向うが側が透けて見えるので

横からみると実感的です。

 

DSC04557.JPG

 

一方、こちらは東急で入れ替え用に活躍していたED30仕様を改造して製作しました。

直ぐに目に留まるはカラーリングですが実車は時代により2色あったことが

判明いたしました。今回は現役時代が長かった淡緑色に塗られていたものを

製作しました。伊豆急ED25との大きな違いはヘッドライトの位置、作業灯の

新設、反射板の取付、側面エアータンクのカタチ、正面ステップの撤去等があります。

ナンバープレートもキットに国鉄時代のED30が入っていますが赤ナンバーですから

エンド表記共にすべて作り直しました。

 

DSC04560.JPG

 

2態を正面から並べてみる。細かい点が違うのはお判りと思います。

 

DSC04561.JPG

 

やや横から。色のせいもありますが随分とイメージが変わるものですね。

 

DSC04564.JPG

 

同反対側からのアングル。屋根の配管は共に統一の設計でやっています。

キットには全くそのようになっていませんので資料を基に追加配管しました。

 

DSC04565.JPG

 

伊豆急ED25。アダチの電関シリーズでこれもメーカー完成品化されていない一品。

なお、実車の車体色はブドウ1号とかなり黒い色ですがクライアントの指示により

ブドウ2号に塗装してあります。日光カラーですとやや白っぽい色が気に入らない

ので本作品は貴重なエコーモデルさんから以前発売していた特製カラーを採用しています。

 

DSC04567.JPG

 

同じくして東急ED30。一番の違いはカラーリングですが実車は淡緑6号に近い

感じでしたがまるで廃車体みたいでしたので退色前のカラーに復元して塗装しました。

淡緑6号をベースに色に深みを足してゆき、気に入った色合いにしてみました。

 

ヘッドライトの移設も必要です。作例はロストのパーツの裏側に穴を開けてパイプを

差し込み点灯出来るようにしてあります。一番最初に悩んだのは目立つボンネット前に

ある作業灯ですね。工場入れ替え機ですから当然ですがこれは特注でパーツを新製

しました。点灯はしませんが目立つ部分なので見栄えはすると思います。

 

赤いナンバープレートは先述のとおりキットのものから作り直しました。

東急コーポレートマークと相まってアクセントを付けています。
 

DSC04569.JPG

 

動力については全機NSドライブにより駆動式に変更してあります。

パワトラではないため向う側が透けて見えるため実感的です。また全機車輪は

スポークですがキット指定のパワトラだとφ11.5になってしまいますので

φ10.5スポークのNSドライブを搭載してあります。勿論、車輪側面も

黒色で塗装してあるので非常に落ち着いて感じに仕上がっております。

 

DSC04543.JPG

 

伊豆急ED25走行テスト中ゥ〜。デッキ上のヘッドは点灯します。

 

DSC04537.JPG

 

同じく東急ED30走行テスト中ゥ〜。キャブ側ヘッドが点灯します。

共にNSドライブなのでかなりウェイトが効いていますから取り扱いは注意!

惰走が効きすぎます。💦💦💦

 

DSC04591.JPG

 

現役時代業務中の東急ED30の写真とモデル。随所に手を加えてやっと完成!

 

 

今回製作した伊豆急ED25及び東急ED30の納品先はすべて

天賞堂銀座本店様へ納入済です。

 

各3台ずつの製作ですのでお求めはお早めに。価格等は同店3Fにてお尋ね下さいませ。

かなり力を入れて製作致しました。よろしくお願い致します。

 

 

完成・納品して現在やれやれの感じですが今月には蒲田の模型ショウがあるので

気が抜けません。製作中のものはまた投稿してゆきます。

また、今回の伊豆急と東急の電機は後追いで製作記事を書きます。お楽しみに!

| atelierpicta2 | 日記 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
久しぶりの更新でした。

長雨が鬱陶しく昨夜から急に寒くなってきました。

気が付いたらもう夏も終わり秋になっていました。

 

本当に久しぶりの更新になります。春から精神的にダメージを受けて

しばらく仕事ができる状態でなかったのですがやっと回復したのも

束の間、夏のイヴェント業務に追われてブログの更新どころではありませんでした。

 

遅れている仕事の詰込みで目一杯でしたが昨日大きな作品が終ったので

これからは少しずつブログを再開しようとおもっております。

 

では前回の谷川ベースの名鉄3600系高運車のその後から。

既にクライアントには納品済みですが完成した作品をお見せしましょう。

 

DSC04062.JPG

 

今回オーダー頂いた分は旧標準色の3602Fとライトパープルの3601Fです。

 

DSC04080.JPG

 

おいらも一番好きなカラーリングの旧標準カラー。一番この色がクロスシートの

AL車には合うと思います。

 

DSC04081.JPG

 

正面から。仕様は当工房の最近の標準仕様です。ライトケースはブタ鼻2灯化前、

マド下のフックは付いていません。行き先はクライアントの希望で「準急・岡崎」

行きです。

 

DSC04086.JPG

 

反対側からのアングル。

 

DSC04088.JPG

 

屋上から。今回から配管の位置を再見直ししました。

 

DSC04090.JPG

 

真横から。ドアー周りも最近の標準仕様で決めております。

おいらもこの3600系が結構好きです。いつか個人的なものを所有できると良いけど。

 

DSC04103.JPG

 

同時製作していたライトパープル時代の3601F。AL車でライトパープルカラーの

ご依頼は3850系以来でしょうか。何とも言えないカラーリングですね。

仕様は旧標準カラーと基本一緒です。

 

DSC04104.JPG

 

正面から。上の3602Fと違いは正面貫通ドアーが木枠になっている事。

四隅にRがついていません。またマド下フックもまだついていません。

 

DSC04107.JPG

 

同じくして反対側からのアングル。

 

DSC04113.JPG

 

屋上からのアングルも同様の仕様です。

 

DSC04109.JPG

 

同じく真横からのアングル。全て原型仕様となっています。

AL車で3850系、3900系以外でライトパープルは3601しか記憶が

ありませんがこの色を指定したクライアントの思いとはどんなものなのでしょうか。

 

既に2編成共完納しておりますが改めてご紹介させて頂きました。

なお、この3600系高運車シリーズはこれにて終了いたしました。

たくさんのご注文有難う御座いました。末永くご愛顧頂ければ幸いと存じます。

 

 

今月のお買い物。

 

DSC04507.JPG

 

10月1日からエンドウさんが下代をUPするので慌ててパーツの補てんをしました。

6月のカツミの下代UPに合わせての値上がりで本当に圧迫されます。

定価で売っても2割ほどしか利益が出ないなんて本当にどうかしてる

世界と思います。

 

 

話変わって谷川さんに頼んでいました名鉄6600系のキットも入荷して

一部のクライアントにはお渡し致しました。

 

DSC04259.JPG

 

多分もう再生産はこれが最後と思うのでまとめて注文しておきました。

残りは年内までに作って頂く事になっていますからもし、欲しい方がおりましたら

HPトップからお問い合わせください。キットのみの販売も致します。

 

特製品については次年度春頃を予定しております。ご希望があればお問い合わせ

下さい。予備は作る予定がありませんのでオーダーのみとなります。

よろしくお願い致します。

 

 

さて、こちらも次年度製作の予定ですがそろそろ名鉄モノも作り終えてしまい

ましたので新しいものを模索中でした。

 

DSC04513.JPG

 

随分前に注文しておいた「アトリエリーフ」の63改73系キットが一年遅れで

やっと発売になってくれました。

中々良さそうなキットみたいです。ロストパーツも入っていますし、線材も折り曲げ

済みで良心的です。お値段も安いです。(これで儲けがあるんでしょうか?)

以前入手したモデルワム製キットも合わせて次年度は旧国をやる予定です。

 

プランとしては「五日市・青梅線」「富山港線」「仙石線」「鶴見線」の

車輛を製作の予定です。スケジュール的にはまだ決めていませんが

製作に入りましたらまたブログにて投稿して参ります。

 

なんだかんだと言いながら今年も残り3か月になってしまいましたし、

来月には蒲田の模型ショウもあるので毎日が緊急事態ですが

何とか頑張って参りますので温かく見守って頂ければ幸いと存じます。

| atelierpicta2 | 日記 | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ