PICTA BLOG
蒲田の模型ショウにご来場有難う御座いました。

今年も第44回鉄道模型ショウへお越し頂き有難う御座いました。

 

イヴェントが終って体調不良と身内に不幸がありましてご報告が

遅くなって申し訳ありませんでした。

 

毎年雨にたたられる模型ショウではありますが今年はトンデモナイ事に

なってしまいご来場できなかった方本当に残念です。

次回お会いできることを心待ちにしております。

 

DSC01753.JPG

 

今年は久しぶりに物販を少しやってみました。

どちらかというと溶剤とか工具とかの処分が多くてそれはそれで喜んでもらえました。

あとはNゲージやHOのプラ製品、ジャンクパーツですね。

 

特製品はずっと仕事が出来ずにあまりお見せ出来ませんでしたが

次回はいろいろとお見せできるように頑張ります。

 

台風で深刻な状況でしたがご来場有難う御座いました。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年も鉄道模型ショウに出展いたします。

皆様お久しぶりです。ずっと体調が優れずブログもそのままになっておりました。

今更ですが今年も鉄道模型ショウに出展致します。

何とかカタチだけは付けようかと頑張ってきましたがやはり何もできないまま

時間が来てしまいました。(毎年同じ事を言っていますが・・・)

 

DSC01748.JPG

 

すいません、どうしても写真が縦にならないので横向きで失礼致します。

 

今年はタイアップじゃありませんがイモムシこと名鉄3400系2態を

展示販売致します。

 


DSC01687.JPG

 

言わずとしれた名鉄3400系未更新車。今まで製作した中で一番の出来上がりです。

 

DSC01697.JPG

 

かなり細部に改良を重ねて仕上げてあります。

 

続けて某メーカーに対抗?して製作した同じく名鉄3400系更新連結器改造車。

 

DSC01706.JPG

 

こちらは連結器改造車で前面のゴチャッとした感じがウリの作品。

 

名鉄6000系4次車。(こちらは客注品になります。)

 

DSC01731.JPG

 

参考に展示致します。谷川ベースキットにドアー交換を初め、方向幕や正面ドアー等

4次車の特徴をつかみました。またクーラーは全てカツミ製パーツに交換するなど

非常に手間を掛けています。もちろん、屋上周りも実車に合わせてやり直してあります。

 

以上3作品しか完成品は展示できませんが、現在製作中のものもご紹介出来ると思います。

 

DSC01103.JPG

 

ここ2年程物販はやってなかったのですが少し纏まって委託品をお預かりしたのと

当工房の処分品もありますので何かいろいろとお宝が見つかるかもしれません。

明日、ブースの展示ができましたら少し紹介の予定です。

 

さて、大変気になるのはやはり台風ですね。直撃は避けられないみたいですが

大丈夫なんでしょうか?本当に心配です。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
名鉄3780系は完成しました。

とうとう9月になってしまいました。今年も残暑が厳しい。

 

さて、夏休み明けから引き続き作業をしていました谷川ベースの名鉄3780系は

完成・納品しました。出来上がり写真をスポットにて投稿しました。

 

DSC00920.JPG

 

今回の名鉄3780系は瀬戸線仕様となります。

 

DSC00930.JPG

 

前面にホロワクが付いていかにも瀬戸線仕様って感じになりました。

 

DSC00929.JPG

 

正面から。当工房リリースのパーツも併用してディテールUPに努めています。

左右で位置が違う窓下のフック等地元名鉄への拘りが随所に見える一品。

 

DSC00941.JPG

 

マドワクは今回ちゃんとピラーを表現しました。ドアー周りのディテールも

最近の当工房標準仕様となっております。

乗務員手すり、ドアノブ、クツズリは全て磨きだし工法を採用しています。

 

DSC00934.JPG

 

パンタ配管もフル加工です。パンタ鉤外しが効いていますね。

写真ではちょっとわかりにくいですが屋根の地の色と屋上機器とは

色分けを行っています。車体四隅の雨樋コーナーの表現もしました。

 

DSC00940.JPG

 

パンタ配管反対側から。実車の写真を参考に忠実に再現してみました。

 

DSC00947.JPG

 

連結面側の表現。パンタ鉤外しの丸い握りが効果的。

クーラーがセンターよりオフセットしていることが確認できると思います。

 

DSC00945.JPG

 

屋上より見ます。クーラーはキットのオリジナルからカツミ製7000系

3次車用を使用して位置をすべて直した力作?ですよ!(センターからオフセット)

色分けによるコントラストも映える作品となりました。

 

既にこのキットはメーカーでも型を潰してしまったので再生産はできないので

今回当工房の秘蔵のキットからのリリースとなりました。

これにより名鉄3780系は終了となります。

仕様は今回最高のクォリティーにてお届けいたします。

 

 

納品はジョーシン電機スーパーキッスランド大須店様へ

 

販売価格は同店にてお尋ねくださいませ。1セット限りの最終作品となります。

よろしくお願い致します。

| atelierpicta2 | 日記 | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
本日よりわくわくレールランド2019開催。

今日も朝から猛暑が続いています。しばらくは暑い日が続きそうです。

夕立でもあれば少しは凌げるのですが・・・。

 

さて、今年度もJR名古屋高島屋主催の「わくわくレールランド2019」が

本日よりJR名古屋高島屋10フロアーにて開催してします。

 

当工房の今年の新作は谷川ベースの名鉄モ811本線最晩年仕様です。

 

DSC00172.JPG

 

この他在来品のセールも行っているようです。

 

 

名鉄車両各種。名鉄5500系2連、6750系、3600系高運車、3800系。

 

 

名鉄以外ではキハ40、キハ48、マニ60、スユニ60。

 

以上在来品に関しては全品本体価格から30%OFF+税でのご奉仕価格にて

販売されます。この機会に是非ご検討下さいませ。(写真は値下げ前の価格です)

 

今年度もわくわくレールランドをよろしくお願い致します。

なお、イヴェントは本日7月31日より8月5日(月)まで開催されます。

最終日は午後5時までとなっておりますのでご注意下さいませ。

| atelierpicta2 | 日記 | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご無沙汰しております。

鬱陶しい梅雨が空けて本格的な夏がやってきました。

もう2か月以上も更新してなくご無沙汰しております。

 

ずっと体調が優れず仕事もほとんどやれていませんでした。

先日病院に行って検査をしたところ原因が分かりました。

もう1年以上も前から体調が悪かったのは精神的な事の他に

「胆石」が出来ておりました。おまけに胆嚢がんの疑いあり。

これが様々な要因となって体を苦しめていたみたいです。

 

その胆石も非常に大きくて胆嚢の半分以上も石で埋もれており

緊急に処置をしないとダメな事が分かりました。

明日、もっと大きな病院で再検査をすることになりましたが

手術は不可避となり、またまたしばらくご迷惑を掛けそうです。

 

来月はお盆休みもありますし、10月の蒲田の模型ショウに出展の

予定もありますのでどのタイミングで手術に挑むか調整中です。

詳しい事が分かり次第ご報告いたしますが、随分とお待たせしておりますので

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。申し訳ありません。

 

 

さて、今年度の夏のイヴェント作品は小作品ですが名鉄モ800に決まりました。

既に作品は完成しておりますので今回はそのご紹介。

 

DSC00166.JPG

 

今回はモ811の本線最晩年仕様2点と日車豊川工場保存車仕様1点の計3点。

 

DSC00168.JPG

 

同一車両ながら感じの変わる2作品。基本的にはスペックは同仕様です。

 

DSC00178.JPG

 

左が本線最晩年仕様、元モ802ですが編成解除後単体としてモ811となって

活躍しました。廃車後保存車となり豊川工場に原型に戻されて今日に至ります。

写真はパンタ側からの撮影。

 

DSC00181.JPG

 

こちらは非パンタ側からの撮影。最晩年仕様のモ811ですが上の写真と比べて

ホロ吊りの金具のヒンジの向きが違う事が分かると思います。

当工房はそこまで目を配って実車に追及しています。

 

なお、こちらの2点は先行してジョーシン電機スーパーキッズランド大須店様に

納品済です。価格等は同店にお尋ねくださいませ。

 

DSC00170.JPG

 

最晩年仕様の横からのUP。側面マドがアルミサッシ化されているのが特徴。

 

DSC00172.JPG

 

逆アングルからの撮影。仕様は3点とも同仕様でヘッド・テール・室内灯点灯、

MPシステム、内装装着、各ディテールUPのピクタ標準仕様です。

 

こちらは東急ハンズ名古屋店様に納品いたしました。

名鉄800系両運車は当工房でのキットの在庫が無くなりましたので

今作品を以て終了とさせて頂きます。(2輌編成は鞍ヶ池仕様で再生産の予定あり)

 

これから名鉄車両は手持ちのキットが無くなり次第製作を終了する予定です。

次回作は名鉄3780系瀬戸線仕様をお盆くらいの完成を目指して製作しています。

こちらもこれで最終作品となります。乞うご期待!

| atelierpicta2 | 日記 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
名鉄3880系は完成しました。

ゴーデンウィークもとうに過ぎていよいよ初夏の到来を感じさせます。

5月病にかかる前にすでに精神的に疲れていたので今はかえって調子が良い。

 

さてさて、製作中だった谷川ベースの名鉄3880系は完成致しました。

それではスポットでご覧下さい。

 

DSC08354.JPG

 

久しぶりの大作なので相当時間が掛かってしまいました。

3両編成が3編成の合計9輌しかも全部先頭車。

今回製作したのは3881F,3885F,3893Fの3編成。

 

DSC08365.JPG

 

先ずはトップナンバーの3881Fから。クライアントの希望の仕様で

3881Fは入線当時の仕様。ヘッドライト豚鼻無し、アンチクライマー色分け無し

雨樋付き等東急時代からの名残がある編成となっています。

 

実車は3編成とも中間に入るMc車はM化されていますがクライアントの希望で

全編成「顔」を作ってあります。

 

DSC08371.JPG

 

3881Fの妻面側。中間に入る3882は連結面屋上へのステップが実車通り

付いておりませんのでこれは取付忘れではありません。

 

DSC08368.JPG

 

3881F側面から。現在の当工房標準仕様のディテールです。

今回雨樋の表現にかなり拘って製作しています。

 

DSC08370.JPG

 

内装も充実。全車仕切り板及運転台周りのディテールは付いております。

ホロ枠も名鉄タイプより潰れた感じに加工してあります。

 

DSC08378.JPG

 

次は3885Fです。編成中唯一モ3885のみ客用ドアーが大窓タイプです。

こちらは晩年仕様。雨樋は残っていました。シールドビーム化、アンチは色分け、

モ3886の正面扉等の違いがあります。

Tc車のステップは素材から新規製作致しました。

 

DSC08387.JPG

 

斜めからの3885F。標準規格という事もあり赤に塗るとすっかり名鉄の

顔になります。

 

DSC08396.JPG

 

最後は3893Fです。この編成は唯一Tc車がノーシル・ノーヘッダーの異端児

ク2887が入っている変則編成です。こちらも晩年仕様となっています。

雨樋、シールドビーム、ステップ等に変化が見られます。

 

DSC08401.JPG

 

モ3893の側面。雨樋は実車は撤去されていますのでt0,1mm洋白帯材を

貼って取り外した跡を表現してみました。

 

DSC08405.JPG

 

異端児ク2887。ノーシル・ノーヘッダーのノッペリした外観。

またヘッドライトは埋め込みタイプになっています。

 

DSC08410.JPG

 

屋上配管は資料が非常に乏しいので写真判定により加工してあります。

ベンチレーターは川崎タイプに交換してあります。もちろん当工房標準の「パンタ鉤外し」

も全車装着済。パンタも全車再塗装して機器の色に合わせてあります。

 

DSC08412.JPG

 

下回りは当工房標準のMPギアシステムです。今回はフル装備とのご依頼なので

運転台周りは勿論、シート、室内灯(LED)、ヘッド・テール点灯。

床下機器も一部交換してあります。

 

DSC08414.JPG

 

併結したらこんな感じになると思います。全車イモンカプラーを装着しましたから

全て連結する事が出来ます。連結面間を詰めましたのでリアルだと思います。

 

DSC08428.JPG

 

ヘッドライト点灯時。モデルシーダー特注品を採用。

明るくバランスの良い加工にしてあります。室内の感じは良いと思います。

 

DSC08432.JPG

 

同じく後退時テール点灯時。程よい明るさでシルエットは良いと思います。

 

っと、いうわけで長い間お待たせして申し訳ありません。

名鉄3880系3編成は完成・納品になります。

| atelierpicta2 | 日記 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ご心配をお掛けしております。

長い間ご心配をお掛けしております。新しい時代へ突入しGWも間もなく

終ろうとしているのにすっかり出遅れてしまいました。

 

2月の確定申告がやっと終わって仕事に専念するはずでしたら非常に体調が

悪くてほとんど仕事になりませんでした。今年は寒暖の差が激しくて

体調管理がなかなかできずまた何度も風邪を引きなおすなど歳を感じるようになりました。

 

体調が悪い中、更に親族や家族の不幸が続き、全く仕事になりませんでした。

最近は暖かくなって来たせいか体調もかなり良くなりプライベートの方も

落ち着きを取り戻しました。

 

肝心な製作業務に付きましては4月半ばより再開しております。

心身共にちょっと疲れてしまい、またスランプに捉まったりと

なかなか抜け出せないでいましたがしばらくはユッタリペースで

工作を行い、本調子に乗るまで頑張りたいと思います。

ご依頼主さまには大変ご迷惑をお掛けしておりますが何卒

温かく見守って頂けば幸いと存じます。

 

 

さて、工作の方は名鉄3880系を進めております。

 

DSC07957.JPG

 

名鉄3880系が一気に3編成をやっています。

 

DSC07962.JPG

 

前回生産より更にパワーアップして製作しております。

 

DSC07974.JPG

 

側面雨樋も実車を追求して線材の選択を行い表現してみる事にしました。

また今回初めて「異端児」であるク2887を取り入れてモデル化しています。

 

DSC07976.JPG

 

同じ「ク」なのに顔の表情も異なります。細部にわたりかなり拘りました。

 

DSC07977.JPG

 

こちらは「モ」ですがやはり細部の拘りとクライアントのご希望で中間電動車も

顔を作りました。今回は雨樋一つにも拘ってやりましたのできっとご満足して

頂けるかと思います。

 

DSC07979.JPG

 

市販にない「足掛け」も細密網目板からスリットの入ったものを自作してあります。

今回とことん拘って作りましたので益々スランプから脱却できないでおりましたが

やっと組立が終り現在は塗装作業に入っております。

 

連休明けには塗装も終了して艤装に入りますが既に下回りの組み立ては終わっていますので

一週間くらいで完成・納品できると思います。

 

他にはキハ81系はレタリング中、名鉄3880系が終わり次第相鉄2000系、

名鉄モ400と続きます。もうしばらくお時間を下さいませ。

ご迷惑をお掛けしてすいません、よろしくお願い致します。

| atelierpicta2 | 日記 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
東急ED30が再生産出来ました!

今日は予報通り少し暖かい一日となりました。今週からは少しずつ暖かくなるようで

やっと気分も暖かくなりそうです。

 

今日は昨日完成状況を投稿した名鉄7500系のクライアントに作品をお渡し出来て

ホッとしているところです。遠い所からお越し頂き有難う御座いました。

末永くご愛顧頂ければ幸いと存じます。

 

さて、続けて製作中のアダチベース伊豆急ED25改造の東急ED30の再生産が

完成致しました。では、いつものように作品をご覧下さいませ。

 

DSC07139.JPG

 

前回同様のグレードで仕上りも上々です。5台製作しましたが1台は既に

先行納品したので写真は4台です。

 

DSC07142.JPG

 

ズラッと並ぶと壮観ですね。小さい機関車ながら非常に手間が掛かっています。

 

DSC07145.JPG

 

遠くからでもすぐ目に付くこの鮮やかなカラーはインパクト大ですね。

東急ファンでなくても1台欲しいなあと思うほど可愛い電機ですよ!

 

DSC07148.JPG

 

反対側からのショット。オデコに付いたヘッドライトがご愛嬌ですかね。

もちろんLEDによる点灯します。

 

DSC07146.JPG

 

正面から。今回からダミーのカプラーではなくIMONカプラーを搭載しました。

あとはワイパーの色差しを加えた事くらいで前回生産分と変わりはありません。

 

DSC07154.JPG

 

下回りはエアータンクを改造したほかパワトラ仕様をNSドライブ仕様にした事です。

センターベアラーの取付の為の大改造はテクニックが必要で5台作るのに1台分の

台車をお釈迦にしてしまいました。

 

DSC07153.JPG

 

屋根回りの様子。キットのディテールでは配管などありませんから実車を参考に

ディテールUPしてさらに色差しして見た目を良くしてあります。

 

っと言うわけで完成致しました。納品先は・・・

 

天賞堂銀座本店様及びスーパーキッズランド大須店様となります。

前回は一週間で完売いたしましたのでご希望の方は各店へお尋ね下さいませ。

 

 

アラカルト

 

仕事の合間に気分転換でやっているナカセイベースの大夕張C1101号機。

 

DSC07089.JPG

 

ボイラー周りの改造に着手しました。左右サイドタンクとコールバンカータンクに

付く水口はニワのパーツを活用して取付けてみました。やはりプレス一枚板とは

全然感じが違いますね。

 

雨樋もキャブ手すりも取っ払って新しいものに作り変えます。

ボイラー洗口栓もエッチング表現の上から穴あけしてロストパーツに替えます。

オーバースケールのハンドレールも当然交換予定。

 

DSC07091.JPG

 

コールバンカー後ろはエッチングのディテールを削り落としました。

今後は所定のところにロストパーツを差し込んでゆきます。

 

DSC07092.JPG

 

非公式側。この私鉄型C11のコンプは複式型になっています。写真を参考に

位置を確認しながらランボードに糸ノコで大きく開け直しました。

固定は裏側のボスがランボードの下面に運よく位置が合いそうなので固定できそう。

 

タービンは北海道らしくマフラーの短いタイプが付きますが台座が独特の形を

していてその上に乗っかっています。自作するには大変だけではなく手に触れやすい

箇所だけに強度が不安なのでちょっと違いますが鈴木工房の北海道型9600用を

ボイラーに切り込みを入れて取り付ける事にしました。

 

そのほか煙突をミズノのパーツに交換、サンドドームも同じくミズノのパーツに

交換してそれらしくしてゆきます。安全弁座はモールド削って鈴木工房の9600用

パーツを使って位置をずらして取付できるようにしました。

 

何となくイメージが沸いてきたと思います。しかし、あくまでの本業優先ですので

ストレス解消のための気分転換は大目に見て下さいね。すいません。

| atelierpicta2 | 日記 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
名鉄7500系いよいよ完成へ。

今日も朝からずっと寒い一日でした。明日からは暖かくなるみたいですが・・・。

 

さてさて、随分とお待たせしておりました日車ベース名鉄7500系が完成致しました。

受注から随分とお待たせしていましました(他にも随分とお待たせして申し訳ありません)

 

昨年マスターピースベース名鉄5300系改造5700系製作した以来の大作です。

キットは1次車ですがこれを4次車に大改造を致しましたので相当時間が掛かりました。

それではダイジェストで写真をご覧下さいませ。

 

DSC06620.JPG

 

完成した名鉄7500系4次車。フル加工ですよ〜!

 

DSC06633.JPG

 

先頭車を中心に解説してみましょう。車体はキットの1次車から名鉄7000系で

いえば3次車にあたる改造です。もちろん実車通り6連仕様となっております。

 

DSC06645.JPG

 

この7500系は当工房のオリジナルカラーであるスカーレットではなくクライアントの

希望により再調色したカラーとなっております。もし、いつもの色合いと違うと

感じたあなたはさすが名鉄通ですぞ!

 

DSC06635.JPG

 

今回は艶はすこし押さえて落ち着いた仕上りにしてみました。

コクピットも塗り分け済。

 

DSC06641.JPG

 

正面から。ジャンパー栓はありませんので非常にすっきりした表情になっております。
行き先種別はクライアントの指示とおり「特急・豊橋」です。

行き先板のレタはキットのものは出来が悪いのでホビダスの余り品を使用しています。

 

DSC06636.JPG

 

大きな窓から良く見える室内。メーカー完成品は一次車で登場時ですから

モスグリーンですがこちらは当然ダークレッドです。全て色分けしてあります。

 

サイドからの写真を見て気が付いた方はさらに名鉄通。ガラス押えの桟を

ハシゴ状のカタチから「H型」に全車輌改造しています。一本一本カットして

仕上げていますから非常に手間が掛かっています。

 

DSC06625.JPG

 

屋上から見てみるゥ〜。1・2次車は小さいクーラーが並んでいますが4次車は

ご存知の通り7000系3次車同様にこのクーラーになっています。

チマチマと屋上機器を配置替えすること何時間も掛かって作業を終えました。

 

さらにセンター位置をちゃんとオフセットしてありますゥ。もっと言えば

ベンチレーターもすべて配置替えしています。なので本物の4次車仕様なのです。

キットにはアンテナ台も入っておりませんのでカツミさんに特別お願いして

クーラーおよび追加したベンチレーター、ダクトをお分け頂きました。

 

DSC06622.JPG

 

パンタ周り。屋上機器を色分けしてメリハリをつけてあります。写真では判りにくい

ですが屋根色の地の銀色と機器の銀色少し変えてあるんですよ!

もちろんパンタは銀色ですがリペイントする拘りです。

 

DSC06629.JPG

 

パンタ付近UP。どうメリハリ付いているでしょ?如何ですか?

 

DSC06623.JPG

 

妻面側から。何とも変化がないように見えると思いますが4次車はクーラーが妻面横樋に

乗っかる形になりますからそのような加工もちゃんとしてあります。

貫通扉は勿論グレーです。

 

DSC06652.JPG

 

側面からの仕上げはこんな感じに。程よい艶度合いに切り抜きナンバー貼り付け、

ドアー周りのドレスUP、号車ナンバー取付済。さらに車側表示灯の取付。

 

キットはプレス表現しかないので削り落して再度穴開けしてエコーパーツを取付。

窓の桟からして1次車とは明らかに感じが違うのがお判りと思います。

 

DSC06647.JPG

 

再びキットの図面と見比べてみるとその違いがハッキリと判ると思います。

手間が掛かった分出来上がった喜びは製作者にもあってご依頼主であれば想像を

絶する存じます。

 

DSC06651.JPG

 

そしてもう一つアイテムを入れてあります。ホビダスのミュージックホーン。

この4次車の前にメーカー完成品加工時にシステムを導入した事がありますが

こちらも同様にして搭載してあります。

 

随分とお待たせ致しましたがようやく完成してお届けになります。

特殊なパーツや加工を施しておりますのでもう2度と製作できない幻の一品として

大切にして頂ければ幸いと存じます。

| atelierpicta2 | 日記 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
謹賀新年。

明けましておめでとうございます。

今年も「あとりえピクタ」をよろしくお願い致します。

 

DSC06187.JPG

| atelierpicta2 | 日記 | 18:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ