PICTA BLOG
ご無沙汰しております。

鬱陶しい梅雨が空けて本格的な夏がやってきました。

もう2か月以上も更新してなくご無沙汰しております。

 

ずっと体調が優れず仕事もほとんどやれていませんでした。

先日病院に行って検査をしたところ原因が分かりました。

もう1年以上も前から体調が悪かったのは精神的な事の他に

「胆石」が出来ておりました。おまけに胆嚢がんの疑いあり。

これが様々な要因となって体を苦しめていたみたいです。

 

その胆石も非常に大きくて胆嚢の半分以上も石で埋もれており

緊急に処置をしないとダメな事が分かりました。

明日、もっと大きな病院で再検査をすることになりましたが

手術は不可避となり、またまたしばらくご迷惑を掛けそうです。

 

来月はお盆休みもありますし、10月の蒲田の模型ショウに出展の

予定もありますのでどのタイミングで手術に挑むか調整中です。

詳しい事が分かり次第ご報告いたしますが、随分とお待たせしておりますので

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。申し訳ありません。

 

 

さて、今年度の夏のイヴェント作品は小作品ですが名鉄モ800に決まりました。

既に作品は完成しておりますので今回はそのご紹介。

 

DSC00166.JPG

 

今回はモ811の本線最晩年仕様2点と日車豊川工場保存車仕様1点の計3点。

 

DSC00168.JPG

 

同一車両ながら感じの変わる2作品。基本的にはスペックは同仕様です。

 

DSC00178.JPG

 

左が本線最晩年仕様、元モ802ですが編成解除後単体としてモ811となって

活躍しました。廃車後保存車となり豊川工場に原型に戻されて今日に至ります。

写真はパンタ側からの撮影。

 

DSC00181.JPG

 

こちらは非パンタ側からの撮影。最晩年仕様のモ811ですが上の写真と比べて

ホロ吊りの金具のヒンジの向きが違う事が分かると思います。

当工房はそこまで目を配って実車に追及しています。

 

なお、こちらの2点は先行してジョーシン電機スーパーキッズランド大須店様に

納品済です。価格等は同店にお尋ねくださいませ。

 

DSC00170.JPG

 

最晩年仕様の横からのUP。側面マドがアルミサッシ化されているのが特徴。

 

DSC00172.JPG

 

逆アングルからの撮影。仕様は3点とも同仕様でヘッド・テール・室内灯点灯、

MPシステム、内装装着、各ディテールUPのピクタ標準仕様です。

 

こちらは東急ハンズ名古屋店様に納品いたしました。

名鉄800系両運車は当工房でのキットの在庫が無くなりましたので

今作品を以て終了とさせて頂きます。(2輌編成は鞍ヶ池仕様で再生産の予定あり)

 

これから名鉄車両は手持ちのキットが無くなり次第製作を終了する予定です。

次回作は名鉄3780系瀬戸線仕様をお盆くらいの完成を目指して製作しています。

こちらもこれで最終作品となります。乞うご期待!

| atelierpicta2 | 日記 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/1004
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ