PICTA BLOG
東急3700系のその後・・・。

このところずっと冷たい雨が続いて寒い日が多かったですね。

気になっていた親父の13回忌の法要も無事に終わって現在は通常業務に

戻っています。体調の方も俄然調子が良くて遅れている分急いで進めています。

 

っで、前回分の谷川ベースの名鉄3700系から

 

DSC02344.JPG

 

前回は本塗装が終って車体の研ぎ出しとHゴムの色差しやサッシの取り付けで

終っていましたがその後レタリングをしてクリアーコートを済ませました。

 

DSC02347.JPG


仕上がったサイドビュー。今回は半艶仕上げです。最近は塗装レベルを「U−トレさん

のような仕上りにして下さい。」とのご注文が多いので当工房も日夜その技術を

磨くべく努力をしています。また今回から塗装の仕方を更に研究を重ねましたので

一段と仕上がりはパワーアップしていると思います。

 

DSC02350.JPG

 

正面から。やはりナンバーリングすると締まりますね。

今回の塗装の仕上りは自分でも満足しています。

 

DSC02351.JPG

 

正面横から。雨樋に付いた水切りが結構効いています。貼り合わせ表現で非常に

手間が掛かりましたが仕上りはとても実感的です。

 

ここまでは法要前に済ませておきましたので家に帰って来てから屋根色の塗装に

入りました。

 

DSC02358.JPG

 

充分に乾燥しておりますので早速ボディー周りをマスキングします。

屋根を吹くのは一瞬なのでマスキングは時間をかけて丁寧に行います。

 

はみ出しは後から修正する事は出来るだけしないような工夫が必要。

修正を初めから考えているようではいつまで経っても上手くなりません。

 

DSC02361.JPG

 

東急の屋根色は何を塗るか悩みましたがU−トレさんのアドヴェイスでねずみ1号で

今回は吹いてみました。このあとパンタ周りの絶縁部分を塗り分ければ塗装作業は

完了して艤装に入ってゆく予定です。

 

 

話変わって

別ラインでは名鉄ファイナルシリーズ第二弾として「なまず」こと名鉄850系の

製作を急ピッチで進めています。前回第一弾のイモムシに続いて名車の双璧でも

あるなまずにスポットを当てて製作を進めております。

 

DSC02464.JPG

 

どど~んといきなり3編成が登場!既に生地完成になっています。

来週からは早くも塗装作業に入ります。

 

今回はファイナルなので今まで以上のクオリティーで製作しています。

更に今回は851Fと852Fの細部の違いも表現しています。

 

DSC02465.JPG

 

写真はMc車(左)とTc車(右)です。(共に編成は852F)

今までの作品はジャンパー栓受けの表現が実車と違っていましたが今回からは

実車通りのステーにぶら下がった表現にしてあります。(かなりリアルです。)

 

DSC02469.JPG

 

それでは作り分けの細部を見てみましょう。左はモ851、右はモ852です。

一見すると区別が分からないですが正面スソに付くステップの大きさやジャンパー栓の

位置に違いが見いだせます。

 

DSC02473.JPG

 

こちらは左ク2351、右ク2352です。同じくステップに違いがみられます。

当然ながらMc車とは解放テコの形も違いますので全て実車通りにしております。

 

DSC02471.JPG

 

ちょっと上から見るとジャンパー栓の取り付け座の様子が分かると思います。

ヘッドライトはロスト製、段付き2段シル共に特注パーツ(当工房非売品)です。

 

DSC02476.JPG

 

イモムシと違ってかなり無骨なイメージのなまず事名鉄850系。

 

DSC02481.JPG

 

妻面側も手抜きはしていません。屋上へのステップや屋根上のテスリなどの追加

加工を施してあります。

 

DSC02480.JPG

 

こうしてスマートなイモムシとは対照な無骨で不愛想ななまずが間もなく完成します。

 

今回のラインナップは

 

 。牽毅隠橡楡スカーレット(旧ビーチランド保存車)

◆。牽毅隠独嫻スカーレット(実車は852Fからの改番車)

 852Fダークグリーン(乗務員ドアー木枠、Tc車TR−14装着時代)

 

上記3編成を予定しております。これで手持ちのキットが全て消化しますので

今後の再生産は致しません。この機会にご購入を検討下さいませ。

リリースは12月上旬を予定しております。よろしくお願い致します。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/1016
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ