PICTA BLOG
今月もいろいろとやっております。

日々コロナウィルスに怯えるこの頃ですがいつになったら不安が解消する日が

来るのでしょうか?仕事柄家にほとんどいますので私自身は影響はありませんが

世界的にも深刻な問題を抱えています。早く落ち着いた日々に戻って欲しいですね。

 

さて、先月末に毎年気の重い確定申告を早めに終わらせたので今月はマイペースで

作業を進めております。それでは最近の状況からです。

 

まずは東急シリーズから

 

DSC04084.JPG

 

一連のシリーズには3450系が含まれていますので一部の車両にはシル・ヘッダーの

取り付けがあります。最近は市販のジグを使用しております。写真のジグは

モデルワムさんから発売になっているチタン製のジグです。シル、ヘッダー、雨樋用の

3種類が発売になっています。お値段も安くて使いやすくて便利ですよ!

 

DSC04352.JPG

 

取り付けた後はキサゲで余分なハンダを除去しておきます。作例はサ3250ですが

ドアー上に水切りが付くので先にハンダ仕上げをしておく必要があります。

 

DSC04364.JPG

 

作例は3600系。キットのままだとヘッドライトが前方に出過ぎてしまうため

約1mmほど車体側へ後退させます。上が加工したモノ。お分かりと思います。

屋根の角には側面から上がってくるステップに合わせて手かぎを取り付ける穴が

開けてあるのがわかります。

 

DSC04366.JPG

 

そんでアウトラインが組み終わった東急シリーズ第一弾の12輌が出来上がりました。

久々の12輌という精神的な重さを感じながら作業をどんどん進めております。

さすがに12輌分のキサゲ処理がシンドイです。

 

DSC04367.JPG

 

下段正面は中間に入るサハ3370と先頭のクハ3850、上段4両はデハ3600系。

 

DSC04368.JPG

 

こちらは3450系。特定ナンバーのため正面が木枠タイプなのでキットのモノが

使えずパーツは特注しました。タニカワのキットは日車タイプではありますが

屋上に渡るランボードの取り付けが工夫されていませんのでこれの取り付けを

考える必要があります。(どーしようかな~?)

 

DSC04369.JPG

 

サハをクハはシノハラ製キットがベースなので取り付けは比較的楽です。

アルミ板でスペーサーよろしく上手く取り付けることができました。

 

これからはディテールUPが中心になりますので今週くらいには12輌全部くみ上げて

来週からは塗装に進みたいと思っています。

 

ちなみに先の東急3700系は雨や風の影響で伸びてしまいましたが現在は塗装作業に

入っております。

 

 

次は予告通り名鉄モ811日車豊川工場保存車仕様

 

DSC04370.JPG

 

すでに生地完成となり現在は東急3700系と共に塗装作業に入っています。

 

DSC04373.JPG

 

両運車ですが双方で正面ドアーのカタチが違います。

 

DSC04374.JPG

 

正面から。今回もディテールフルで加工しておりますので前回製品よりさらに

パワーUPしたものをお届けできると思います。

今月末までには完成の予定で進めております。乞うご期待!

 

 

来月に向けてこんなのも進めてゆきます。

 

DSC04235.JPG

 

今年度の製作予定では73系は入っていますが先日アトリエリーフの第二弾が発売に

なりましたので今回は全金車を入手しておきました。

 

作品プランはいろいろと考えておりますが一陣として「鶴見線」の3輌編成を

予定しております。何とか今月中に東急を終わらせて4月から製作開始としたいところ。

 

ほかにもご依頼のものもありますので急ピッチで進めて参りますのでもう少し

お待ちくださいませ。よろしくお願い致します。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 14:03 | comments(0) | - |









CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ