PICTA BLOG
今週もあれこれと・・・。

しばらく続いて天気も今日からはまた梅雨空。湿度が高く少し蒸し暑いですね。

それでも例年よりはまだ涼しい気がします。風があるだけ助かりますね。

 

さて、4月末くらいからいろいろとあってプチ鬱病を患ったり、パソコンが

いきなり故障して仕事に支障を来たりしてしばらく落ち着きませんでした。

現在は精神的にも落ち着いて、またパソコンも新しいものを買い替えたりして

ただでさえ遅れている仕事の挽回を図るべく作業に追われている毎日です。

 

先週末には塗装作業を終了して艤装作業に入っている850系およびその他の

車両ですが今回は並行して作業をしていたHL車の工作の様子をお届けします。

 

 

名鉄850系の塗装と並行して作業をしていました名鉄3560系モ3561。

ボディーは3700系と同形ですが屋上機器はまったく違います。

実車はヒューズ箱が2個並行に並びます。

 

 

変わってこちらは同じく同時並行作業している名鉄3749F。モ3730系ですが

上記モ3561と比べるとその差がよくわかると思います。

 

 

またベンチレーターの位置が違うのもわかると思います。下がモ3561、真ん中が

ク2700、上がモ3730です。途中で気が付きましたがベンチの位置を正しく修正

しました。これに気が付いた人はあまりいないのでは・・・。

 

 

写真は左がモ3561、右がク2700です。AL車ながら車体はHL車の名鉄3700系の

車体を乗せた名鉄3560系。右は3700系ながら新造車でマスクは3730・3770系

同形のク2702。このように名鉄車両はなかなか興味深いものがたくさんあります。

 

 

写真は名鉄3749F。左はMc車の3730系モ3749、右はTc車の2700系

ク2702。本来3700系は低運窓ですが数台3730系同等のマスクをつけた車両が

います。またこの3749FのようにMTで異なる編成もなかなか変化の乏しいHL車には

一風変わっていいと思います。

 

 

共に谷川のHL車キットは共通設計なので写真の通り同じ加工をしています。

キットは妻にスリットが入っていてそこにホロを差し込むようになっていますが

パーツはエコー製もしくはエンドウ製のパーツを取り付けるので裏打ちをしてから

ハンダを盛って埋めておきます。

 

 

組みあがったボディーは前回850系同様に塗装作業に入っております。

現時点では850系、3561F、3749F共に塗装作業は終了しており艤装作業に

入っております。今週半ばにはすべて完成の予定です。

 

 

話が前後してすいません、忘れていたHL車の床下機器および床板の加工を行いました。

何故か床下機器がありませんでしたので(引っ越しの時にどこか紛失したかも?)

急遽現キット仕様にて組み立てました。

 

 

加工が終わったHL車のフロント周り。エアーホースは当工房オリジナルパーツ。

これにエコー製のパーツを組み合わせてディテールUPしてゆきました。

 

 

下塗り途中のHL車の車体を仮乗せしてみます。まあ、いい感じですね。HL車は顔が

地味なのでなかなか特徴を出すのが難しいです。こちらも共に塗装作業が終了して

艤装作業に入っております。

 

 

話変わって。こちらは別ラインのホビダスベース名鉄7000系パノラマシリーズ

今年度第2弾白帯編成。

 

 

このホビダスベースの名鉄7000系はたくさんのクライアントからご依頼を受けて

おりますが先着順に製作をしております。

 

 

今回は白帯車ですので車体更新後となりますので中間車の妻面の窓はプラ板で埋めます。

さらに屋上へのステップを追加加工してあります。別パーツである屋根部分も加工・

塗装済でボディーの塗装が終われば艤装作業に入ることができます。

 

 

同様にして下回りはすでにサウンド取り付けまで含めてすべて完成しており、ボディーの

塗装を待つ状態にあります。現在進行中の第二弾は7月末までに完成・納品の予定で進めて

おり、第三弾は夏のイヴェントが終了して秋より製作開始して年内に完成の予定で進めています。

大変お待たせして申し訳ありません、もうしばらくお待ちください。

 

 

さらに話変わって。

 

今年は何故かパノラマ続きですが少し前に紹介した日車ベースの名鉄7500系の

製作も進めております。

 

 

日車ベースの名鉄7500系。今回のご依頼はキット加工での特製品ですが1・2次車

キットをベースに4次車への改造を試みております。ボディーは一緒ですが屋上周りは

まるで違います。現在はカツミさんからパーツが一般発売されていますが当初は発売されて

いなくて無理を言ってパーツの特注をしてもらったものです。

 

今回もキット・完成品にはないフロント・アイ装着の姿をモチーフとしており、4次車と

相まって特製品の良さが随所にみられる作品にしたいと考えております。

 

 

名鉄7000系同様にして連続窓に付くハジゴ上の桟も4次車では1次車キットからの

加工をして「H型」にしてあります。かなり手の込んだ一品になりそうですゥ。

 

 

一方で下回りはすでに塗装・組み立てが終わり完成しており、今回もサウンド搭載の

豪華版にて製作中。あとはシートの塗装と装着ですね。

 

夏のイヴェントもあって超激務ですが何とか7月末までには完成したいと思っております。

乞うご期待!!!

| atelierpicta2 | 工作日記 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/925
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ