PICTA BLOG
暑くて死にそうです。

関東地区はおととい梅雨明け宣言がされたようですがそれ以前から

暑い日々が続いておりました。先日の首都圏のゲリラ豪雨も記憶に

新しいですがこれから先、いつまでこの暑さが続くのでしょうか?

 

あれから仕事は激務の激務を重ねてブログ更新どころではなくなっていました。

かなりバテバテではありますが何とか生きておりますのでご安心を。

 

さて、現在の仕事の状況です。

夏のイヴェント作品は今月末までビッチリ掛かります。名鉄モノはすでに完成納品して

いますが今年度は国鉄型を少々やることにないましたので非常に苦戦しております。

まずはやっとカタチになったフジモデルベースのキハ40−101〜。

 

 

キットはボディーのカタチにこそなりますがディールは個々でドレスアップして

ゆかなければなりません。

 

 

正面から。テスリはキットでは左右の窓下にしか穴が開いていませんのでその他の

テスリはすべて図面から採寸して開ける必要があります。

 

前照灯もキットのものではなくエンドウ製のキハ40用に交換しました。

久しぶりの気動車ですが名鉄のようにお気軽とはゆきませんねェ〜。

 

 

真横から。キットをベースにモデル倶楽部製のパーツを一部使用。タブレットキャッチ等の

追加をしました。縦樋は洋白帯に替えて横樋の継ぎ目のジョウゴを加工して作りました。

ステップはエコーパーツを使用。これでやっと塗装作業に入れます。

 

 

いつものようにサクっとプライマーを吹いて。車長がありますので名鉄モノに慣れている

おいらにとっては以上に細長く感じます。

 

 

これまたサクッと下塗りをして。ここまではおととい作業を終えました。

昨晩深夜ボディーの研磨をしておきました。

 

 

今年は天気には恵まれていますので午後から朱5号を吹き付けました。湿度もそれほどなく

綺麗に仕上がりましたのでホッとしています。しばし乾燥を待ってHゴムの色差しへ進めます。

 

話変わって。

別ラインではホビダスベースの名鉄7000系パノラマの第2陣が佳境に入ってきました。

 

 

第2陣はすべて2次車の7011F白帯車です。ボディーの塗装は完了して乾燥待ちです。

 

 

先頭車のUP。このキットには発売予定のマスキングテープがまだ販売されていませんので

友人に作ってもらった自家製のマスキングテープを使っています。やはりフリーハンドでは

無理なのでCADが巧みに使える人がうらやましです。

 

 

屋根回りは別付けで後から乗せる構成なのでユニット化して仕上げてあります。

あとはボディードッキング後にパンタを乗せればOKです。

 

 

下回りの全容。ズラリと並んだイスが壮観ですね。

 

 

イスのUP!一つ一つ手作業でマスキング塗装→マスキング塗装を繰り返して完成させたもの。

プラベースであっても決して妥協しない当工房のこだわり。なので美しい塗装と相まって

仕上りに自信を持っているんです。

 

 

艤装作業はすでに進行しておりますので完成は来週後半〜週末にかけて完成する

予定でおります。お待たせしてすいません、もう少しお待ちくださいませ。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/929
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ