PICTA BLOG
名鉄7500系4次車の続き。

お盆もとっくに過ぎて来週からは早くも9月になります。

今年は特に天候の変化が激しく体調日々の業務にもかなり響いてしまいました。

 

毎年ある夏のイヴェントも7月が締め切りだったんですが慣れない作品も

あって8月までずれ込んでしまいました。その後激務が祟ってお盆はぐったり。

体調を崩してしまい、先週末からやっと通常業務ができるようになりました。

 

相変わらず仕事も溜まりに溜まっていますので今週からフルピッチで進めて

ゆかなければなりません。っで、まずは大きな作品を先に仕上げることからスタート。

 

中断していた日車ベースの名鉄7500系から。

 

 

この日車の名鉄7500系キットは登場時1次型をもとに作られていますがクライアントの

たっての依頼で4次車に改造することになりました。

 

上の写真は1次車のハシゴ状の窓桟を3次以降の特徴である「H型」に改造します。

上下の桟を糸ノコでカット切り口をヤスリ掛けして完成です。しかし、6両(12面)

あるので結構大変でした。

 

 

次にもっと大変なのは屋上機器の配置換え。知っての通りクーラー、ダクト、ベンチ配列

すべてが丸替えしなければなりません。名鉄7000系3次車の図面と実車の写真を

参考に配置換えを進めます。

 

写真はサイドのベンチレーターの穴を雨樋寄りにするために穴を広げているところ。

ベンチのカタチは一緒ですが1、2次車と違って3次車以降はベンチはグッと雨樋近くに

寄っています。当然配置は片側一列に並びますし、間隔も違いますのでほぼすべて開け直しと

穴埋めをひたすら繰り返します。

 

 

すべてのベンチの穴を開け直したら今度は不要な穴を埋める作業に入ります。

丸穴だったら簡単ですがご丁寧にトラック状の穴が開いています。車体裏から裏打ちを

して小判状に切り出したパーツを一つひとつはめ込んで埋めてゆきます。

 

面積が大きいのでハンダを盛ってやるのも引けや後々の仕上りも気になりますので

非常に時間が掛かりましたがひたすら40個ほどのパーツを作りました。

 

ハンダやパテで穴埋め処理するなんて当工房の技量として許せないので結果このように

した次第。

 

 

写真と通りひとつひとつ現物合わせてピッタリ嵌るように落とし込みました。

正直言ってもう次はやりたくない作業です・・・。(涙;)

 

 

写真を見ると屋上は穴でボコボコですが全部機器で覆いかぶさるので心配はありません。

 

 

先頭車の2両。7000系のキットを違って展望席周りは一体のロストなりましたので

比較的作業は楽になりました。ご依頼品は当然晩年フロントアイ装着仕様。

 

 

パンタ周り。パンタ台、ヒューズ箱そのものは変更ありませんが配管は変わりますので

図面や写真を参考にすべて直してあります。ダクトももちろんカタチも変わりますので

ボスの穴を開けなしてあります。

 

 

重複するM1、M2の2両を除いた4両をUP。ご覧い頂くだけでいかに大変だったか

お判り頂けると思います。

 

 

パンタ付き先頭車(偶数車)の1次車図面と4次改造の模型を比べてみます。

随分と変化したのが判ります。

 

 

先頭車フロントUP。背の高い運転席及び低床が7000系と大きく違うところ。

フロントアイもかなり効果的。

 

 

7000系の時もそうでしたが何故か側面車側表示灯の表現がされていません。

他の私鉄は表現してある事が多いカツミ(日車)製キットですがどうしてここは省略するのか

意味が分かりません。

 

晩年1、2次車は車体更新したときに表示灯の位置とカタチが変わりましたがこの

4次車は変わっていませんので写真から割り出した所定の位置に穴あけをしました。

レンズはエコーさんから発売されている丸い(品番3621)のを塗装後はめ込みます。

 

 

ご依頼は晩年仕様ですので先頭車に無線アンテナが搭載されています。今回はカツミさんに

無理を言って7000系3次車用の無線アンテナ台を分けて頂きました。アンテナ自体は

モデルワム製のロストパーツ。屋根に2か所スリットを糸ノコで切り込んで後付けする

ようにしました。所狭しと並んだ3次車以降のクーラーと相まって全く違った雰囲気なりました。

 

現在はすべて組み終えて下塗り作業に入っています。カラーリングの打ち合わせが終わりましたら

本塗装にコマを進めてゆきます。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/933
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ