PICTA BLOG
ちょっと早組みのコツ。

朝からスッキリとした秋晴れでしたが昨日に引き続き寒い一日でした。

明日の午後からは雨となるようで少し暖かさが戻ってくるようです。

 

今日はちょっと工作の技法からご参考になる話題を。

 

仕事としてやっているからにはハンダのコテ捌きもプロの技の一つですが

アマチュアの方からもう少し工作を早くできるようになりたいとの声で

ちょっとそのヒントを披露しましょう。

 

別に早く組み立てる方が良いとは思いませんがアマチュアの方はお休みの

日に工作をするのですから時間的に早く組めるコツが知りたいとの事。

 

んで、今回は谷川ベースの名鉄3600系(高運車)を題材にちょっと

おいらなりのヒント的な事を書いてみました。

 


 

ドアーや窓枠を所定の位置にハンダ付けするのですが谷川製キットの場合車体スソ合わせに

なっていることが多いです。写真をご覧のように一部だけ仮止めしてあります。

但し、仮止めと言っても取り付け位置は正確に付けなければなりません。

 

 

アップで見てみるとよくお判りと思いますがちょっとだけハンダ付けしています。

ドアーは通常右利きの方なら右側を仮止めしますが(おいらは両利きなのでどちらでも

やりますが)左側を仮止めすると本付けするとき(当然反対側からハンダ付けする事になる)

右側から作業がやり易いと思います。

 


 

作業が前後しますが乗務員ドアーはこのキットではクツズリ表現としてパーツスソが

折り返してありますのでそれをガイドに位置決めを行います。

 

ドアー、マドワクの仮止めが終わりましたがすべての箇所を本付けするようにします。

よくドアーを付けたら本付け、マドワクを付けたら本付けするのが基本と思っている

方がいますが素早く、しかも正確に仮止めして全部付けてから本付けするようにすれば

少しは時短できると思います。(一つずつやる事を否定はしませんけど^^:)

 

 

ドアー、マドワクが付いたら前面、連結面のパーツをボディーに仮止めしておきます。

キット構成はそこにオデコを乗せるようになっていますがオデコのパーツのプレスの

めくれや歪み等をヤスリで丁寧に仕上げておきます。また、屋根のカーブもボディーと

よくすり合わせをしてゆくようにします。これを仕上げておくと写真のように継ぎ目の

処理が後からしやすくなります。(写真手前は前面側、奥が連結面側を表示)

 

なお、作例ではベンチレーターをエコー製のパーツに交換しますので取り付け穴を

φ3ミリに開け直してあります。

 

大したヒントではありませんがどうしても時間がもったいないから早く組みたい人への

アドヴァイスでした。

 

話変わって。

10月にホビーショウに行ったときに見つけたちょっとしたアイテム。

 

 

ピットロードというメーカーから発売予定になっている「やすりの親父」というアイテム。

 

ウェーブからヤスリスティックという商品が出ていますが一年前から諸事情で市場から

消えていました。現在は400番以上のものが再発売になっていますがこれより荒い

ものは需要が少ないので再生産しないとの事で困っていました。

 

このメーカーさんからはフイルムタイプ(ハード)とスポンジタイプ(ソフト)の

2種類が発売になるそうでラインナップもフィルムタイプで180番、220、320、

400、600、800、1000、1200、1500、2000番の10アイテム。

スポンジタイプは400番、600、800、1000、4000番の5アイテムが

発売されるようです。

 

鉄道模型としては220番と320番を粗削り用に仕上げ用を400番に使用することが

多かったので廃番で困っていたウェーブに代わって期待が持てます。

使ってみた印象ですがフィルムタイプはかなり固いのでハンダのキサゲ処理に適応します。

また、耐久性もウェーブよりあります。スポンジタイプは腰がありませんので

どちらかと言えば磨きだしに向くと思います。

 

アイテムは2個入りで¥400+税で販売だそうでウェーブよりちょっと割高感はあります。

しかし、もう入手できませんので仕方ありませんね。発売は2018年2月頃みたいです。

 

別の話ですがちょっと助かった事。

 

 

当工房で名鉄AL車及びHL車のランボードはキットのパーツに木目板を張り合わせて

表現をしていましたが長年愛用してきた旧フクシマパーツが底を付いてしまい、

当然市場にはもうなく、かと言って代わりになるパーツが出てなくて困っていました。

 

先月の模型ショウでアダチ製作所さんに相談したらt0,4mmで良ければカットして

あげるとのことで早速お願いしておきました。幅3mmに1枚まるっとカットして

頂きました。これで当分パーツには困らないと思います。何でも相談してみるもんですね。

本当に助かりました。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/952
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ