PICTA BLOG
寒くて本当に困りました。

年明け、成人の日、大寒と季節はあっと言う間に過ぎて行く。

気が付けば今月もあと残り1日。もたもたしている場合じゃないけど。

 

今冬季は本当に寒いです。そして本当に困っています。それは塗装作業が進まない。

夏期より湿度が低くて冬の方が良いように思われますがそんな事はありません。

適温適湿度が良いんです。これだけ低温と低湿度ですと塗装作業に影響します。

 

リターダーシンナーは夏期や雨天時に使用すると思っている方も多いと思いますが

逆に冬季も必要になります。つまりただでさえ乾燥が早いラッカーはザラついて

しまう事もあります。なので冬でもリターダーを添加して乾燥を遅らせるのが

冬季の塗装のポイント。しかし、これだけ低気温だと塗料自体に問題が発生します。

 

前回のブログ更新から約2週間ぶりの更新ですが仕事は怠けていたわけでは

なくて、気温の少し上がった日は塗装作業をやり、寒い日はハンダ付けや事務的な

事をやっていました。製作工房というと毎日机に向かい工作ばかりしているイメージが

あるみたいですが自営業なので実作業の他、お見積もりやパーツリストの作成、

月末なら帳簿のまとめ、パーツの在庫チェック等いろいろやらなくてはいけないことが

たくさんあります。

 

さて、工作の方は・・・。まずはHL車シリーズから。

 

 

悩んでいた運転台仕切りですが車体側にマウントする事にしました。

谷川さんから仕切り板を分けて頂き、写真のように天井に吊り下げるように加工しました。

 

 

まず、左のパーツを右のように本体を加工します。アングルから取り付けステーを

作って1×3mm真鍮板からブランケットを作ります。

 

 

取付した様子。M1,4mmビスで塗装後に取り付けるようにしておきます。

 

 

一方、下周りは床下機器の加工が終わりジャンパー栓の加工に入るところでクライアント

からの要望でライトのON−OFFスイッチを搭載して下さいとの事でまたまた問題発生!

 

当工房の基本はスイッチを搭載しませんが過去にAL車のみ搭載した事があります。

しかし、HL車はAL車と違って車長が短い上にバカでかい台車が乗りますので

スチッチを取り付けるスペースがありません。

 

手持ちのスイッチでは到底無理です。友人からディップスイッチを勧められたので

これを探して検討することにします。スペース的には連結面カプラー脇にしかありませんし、

スイッチは基盤を組まないと床板にマウントできません。ちょっと思案中です。

 

その間にボディーの塗装は進める事にしました。

 

 

塗装前にハンダのキサゲ残がないかよくチェックします。写真はハンダのピンホールです。

こうゆうのがあとあと塗面に思わぬ影響を与えます。しっかりとブラシで削り落します。

 

 

洗浄が済んだボディー。プロモデラーの中にはブラスクリーンに漬けただけで直ぐに

塗装作業に入る方もいるとのことですがそれはちょっとどうかなァ〜?

 

まずはブラスクリーン→液体クレンザーによるクレンジング→洗剤による脱脂

そして当工房シャッフル洗浄(企業秘密)にて洗浄作業が終了します。

写真は洗浄した後、ドライヤーで強制乾燥させた状態です。ここから間髪入れずに

塗装作業に入ります。

 

よく前日の夜に洗浄して翌日に塗装を始める方がいますがあまりお勧めしません。

錆びにくい真鍮ではありますが酸化膜はすぐに張りますし、ホコリも一晩で付きます。

洗浄するのが面倒なので前日に済ませたい気持ちはわかりますが良い作品を作るために

少し早起きしてやれば良いです。早起きは3文の得と言うではありませんか!


 

っで、いつものようにプライマーを吹いて。

 

 

これまたいつものように下塗りして。明後日からまたしても雪の予報なのでここまで

やって乾燥を待って下地処理を進めます。

 

 

一方で、今回初めてリリースの予定の谷川ベース名鉄3600系高運車。

 

 

HL車同様にサクッとプライマーを吹いて。

 

 

同様にサクッと下塗りして本塗装に備えます。

 

本当にこの寒さですから予定より増々作業が遅れてお待たせして申し訳ありません。

良いものをお届けしたいのでどうかご理解のほど。

 

 

話変わって。今月のお買い物。

 

 

今回も下回りが中心。下回りは特に出費が大きく本当に辛いところです。

キット代やパーツ代を内金をしてお願いしているのはこういう事です。

5名様からご依頼があれば当然パーツ代も5倍。ご理解して頂けましたでしょうか。

 

 

お知らせ。

 

昨年に当工房からお願いした「コメント欄」の件ですが相変わらず製作記事と関係ない

事や閲覧者様が不快に思われるコメントを入れてくる方がいらっしゃいます。

なので今回すべて一旦削除させて頂きました。誠に勝手ですが不適切と思われるコメントは

削除させて頂きます事をお断り申し上げます。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/961
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ