PICTA BLOG
マスピの名鉄900系キットを検討する。

今日は午後から南風吹きまくり。これじゃー塗装作業も出来ませんね。

今月に入りようやく落ち着いて仕事再開しております。

 

さて、先日注文しておりましたマスターピース発売の名鉄900系のキットが

手元に届きました。ただでさえキットの構成にクセのあるメーカーですが

今回はまた悩みのタネと笑いを期待してキットを検討する事にしました。

 

DSC00565.JPG

 

今回3編成分のご依頼がありましたのでとりあえずク2300とク2320の

編成で入手しておきました。

 

DSC00630.JPG

 

キット全体の様子。エッチング車体にオデコはロストパーツの組み合わせ。

屋上機器と床下機器はホワイトメタル。今回も床下機器は床板に直付け対応。

 

毎回思うんだけどユニット式にしてほしいね!取り付け強度とかメンテとか

考えるとね。第一非常に組みづらい。

 

DSC00631.JPG

 

キット本体の中を開けて全体の構成を図面と照合してみる。なんと今回は上下に梁を

組んで屋根と床板を取り付ける構成となっている。合いなんかどうだろうか?

 

DSC00635.JPG

 

更に今回一番の問題点が発覚した。屋根の部分はボディーと一体ではなく継ぎ合わせに

なる構成だがキットには1枚しか屋根板が入っていなかった。入れ忘れと思ったが

トリセツを読むと何とTc車は平板の屋根板を図面に合わせて自分で曲げるとある。

 

M車とT車では屋根のアールの違いを表現しているのは評価できるがこの屋根の曲げが

問題である。M車は肩のアールは曲げてあるので裏にスジ彫りがあるから丸棒で

屋根のアールに合わせて曲げる事は何とかなる。しかし、T車は全くの平板だ。

いくら裏にスジ彫りがしてあっても肩のアールを曲げるのはちょっと難しいんじゃない?

フルーハンドならベコベコだ!せめてT車も肩だけ曲げて欲しかった。どうしよう・・・。

 

DSC00637.JPG

 

次に実車同様にしてミュージックホーンを搭載出来ないかと検討してみると

やはりサウンドシステムの大きさがこの車体の身近さに対応できていない。

台車間には収まらないのである。

 

車内側へ搭載となると勿論スピーカーの穴を開けておかないと当然音が聞こえない。

台車あたりと干渉するのでこの辺りも無理がありそう。

 

DSC00639.JPG

 

室内に搭載した場合についての検討。T車は一部ロングシート車になっているので

何とか装飾しながらシステムを搭載出来ないか検討してみたがやはりイスが当たって

しまい、搭載するならシートは省略しかなさそう・・・。

 

スピーカー部分は基盤と分割が出来るようになっているので分離してやれば取り付けは

出来そう。あとは内装を犠牲にするかどうかですかね。

 

まだまだ全部を検討していませんがとりあえず大きな問題点だけでも拾ってみました。

リベット付きだし、シル・ヘッダーも取り付けなければならないのでこいつはかなり

手ごわい相手となりそうです。もう少しお見積もりまでお時間を下さいませ。

 

 

変わって。

こちらは谷川ベースの名鉄3600系高運車シリーズ。

第二弾がスタートしました。

 

DSC00208.JPG

 

各仕様違いで3601Fと3602Fで製作してゆきます。もうキットの在庫もないので

これで最後の生産分となります。

 

DSC00211.JPG

 

袋を開けて4編成分をチェックしてゆきます。このあと製作しやすいように

パーツを小分けしてゆきます。

 

DSC00241.JPG

 

早速エラー発覚! 上は正しいですが下の車両は乗務員ドアーと客用ドアーの間のマド

割にエラーがあります。最近谷川さんのキットはエラーが多くなってきています。

ご高齢で今だ現役でなされていて大変尊敬しておりますがこの先は少し不安です。

 

こちらは6月から7月の完成を目途に製作中です。乞うご期待!

 

 

お知らせ。

 

先日名鉄6600系をご案内致しましたが早速お問い合わせが一杯来まして

当工房の発注した余裕分はあと2セットとなりました。今なら追加が

出来そうなのでご希望の方がいらっしゃいましたら今月末までに当工房へ

お尋ねください。市場にはほとんど出回らない感じです。当工房なら確実に

入手可能です。なお、キットのみの販売も致します。よろしくお願い致します。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 11:48 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/966
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ