PICTA BLOG
相当痛い出費。

今日も5月晴れに相応しい気持ちの良い天気でした。

 

作業も相当遅れているので昨日も今日もずっと仕事三昧でした。

一般消費者さんにはあまり関係ないのですが当工房の3大主力パーツの1つで

ある(エコーモデル、カツミ、エンドウ)カツミ模型さんの原価が来月6月から

値上げになります。

 

ただでさえ値段が張る鉄道模型ですが益々厳しい状況になりつつあります。

そこで今月は主に使うパーツをまとめ買いする羽目に・・・。

 

DSC01650.JPG

 

次年度に大きな仕事が控えていますのでそれを見越してパーツの発注をしました。

PT−42Jパンタはもう6か月間パーツの入荷がありませんでした。

 

先月はとうとう一般模型店で購入する事態となりやっと手に入った感があります。

40基購入して既に割り当てが決まっているから在庫管理が大変なんです。

 

DSC01654.JPG

 

主に使う動力の他、内装パーツ、カプラーなど。カツミパーツは使う種類はあまり多く

ないけど値段もそこそこ張るし数も多い。

 

DSC01657.JPG

 

当然、他社のパーツもいっしょに注文します。今回主に動力パーツなのでなおさら

堪えます。

 

更に追加注文を掛けていますので今月はキットを1つも注文しないのにとうとう

片手を超えてしまった。本当に今月は大ピンチです。頑張らないと・・・。

 

 

さて、作業の方は

 

DSC01238.JPG

 

今年も夏のイヴェント作品は入っていますが今年度は少量なので前倒しにして

遅れている分をじっくり製作しようと思っています。

 

写真は谷川ベースの名鉄モ811と801F。

 

DSC01321.JPG

 

既に800系は塗装も終わって艤装作業に入っています。今週末くらいには

完成の予定です。

 

話変わって

 

少し前からですがリハビリを兼ねてこんなんちょっとやってみました。

 

DSC01222.JPG

 

あまみやベースの京福モボ120。随分前にショー記念キットで発売されたものみたい。

一応トータルキットですが随所に手は加えないといけません。

 

久々の路面モノで大変ではありましたが良い刺激になってやっと製作意欲が沸いてきました。

 

DSC01225.JPG

 

合いはそれほど悪くなく箱組は簡単でした。悩ましたのはヘッドライト横にある

ジャンパー栓。キットには入っていませんので自作になりました。

 

DSC01226.JPG

 

正面から。窓上にある手すりも追加しました。ヘッドライトはキットにはロストパーツが

入っていますが点灯式にしたかったのでエコーパーツを改造して点灯式にしました。

左上に付くテールライトもぶち抜いてパイプを嵌めて点灯可能にしました。

 

DSC01229.JPG

 

今回ちょっと凝って吊皮を付けちゃいました。チャンネル材にフジモデルのパーツを

組み合わせて作りました。取り付けは屋根にビス止めできるようにしました。

 

DSC01305.JPG

 

下回りも大改造です。キットではインサイドギアー方式でしたが床下駆動にしました。

手持ちにマスピの路面用ギアセットが運よくあったのでこれを使って仕上げました。

当然床下機器はモーターの当たりを考慮しないといけません。

 

DSC01308.JPG

 

車内に居座るモーターを排除しましたが床板には大きな穴が開いていますので

ボルスターを避けるようにBOXを作りました。これで室内から明かりが漏れる事は

ありませんし、ホコリも入ってきません。

 

久しぶりに普段使わない技法を考えていましたので模型意欲が高まってきました。

リハビリとしては効いているみたい。この調子で遅れている分をどんどん進めます。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/969
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ