PICTA BLOG
今年度夏のイヴェント作品。

毎日が暑いですね。さすがに連日の猛暑は身に堪えます。

ずっと激務に追われて気が付いたら今日から8月になってしまいました。

 

さて、今年度も夏のイヴェント作品は数点ですが製作しました。

3点ですがご紹介。全て谷川製作所ベースとなっております。

 

DSC01779.JPG

 

名鉄800系モ811晩年仕様。当初は800系モ802としてク2312と

編成を組んでおりました。モ831と共に800系唯一の高運車の一つ。

 

DSC01784.JPG

 

正面非パンタ側からの撮影。こちらは元は連結面側でしたが再度両運化する際

両面高運車となりました。気付かない人も多いけどホロステーのヒンジ留めの

ボルトの向きが両面で逆になっています。また、左右の窓のガラス押さえも

皮一枚のグレーの表現でここも拘っています。

 

DSC01781.JPG

 

逆アングルの側面から。モ811は最晩年は側面マドがアルミサッシ化されています。

仕様はピクタ標準仕様となっています。ドアー周りのディテールも同じです。

 

次は名車「イモムシ」こと3400系

 

DSC09866.JPG

 

今回は連結器加工前の姿で製作致しました。深紅のスロリームライナーは

今も人気の一つ。

 

DSC01882.JPG

 

正面から。あっさりとしていますね。勿論他の車両共に室内ディテールも

充実してします。

 

DSC09869.JPG

 

同じく逆アングルから。今回からディテール面でも少し追加加工してあります。

 

最後は名鉄3600系高運車トップナンバー

 

DSC03621.JPG

 

昨年谷川製作所さんに特注でキットをお願いしたものを特製品化してもの。

晩年スカーレット仕様ですがトップナンバーなのでMc車の側面マドが

アルミサッシになっているのが特徴。

 

DSC03624.JPG

 

正面から。仕様はピクタ標準加工となっています。今回からさらに塗装作業を

変えて行いましたので一段と仕上りが綺麗と思います。

 

DSC03628.JPG

 

同じく逆アングルから。今までキットの仕様上3603Fしか表現できなかった

3600系高運車シリーズ。やっとバージョン違いも加わる事ができました。

 

 

以上3点が今年度の夏のイヴェント作品です。

お問い合わせは東急ハンズ名古屋店10Fにてお尋ねくださいませ。

 

 

さてさて、ここからは個人クライアントの作品「

 

DSC03632.JPG

 

夏のイヴェント作品と並行して製作していた3602F晩年スカーレット仕様。

同仕様にて完成しております。

 

DSC03633.JPG

 

正面から。行き先・種別はクライアントの指示により「急行・河和」行き。

デイテールはいつものピクタ仕様にてジャンパー周りは充実しています。

 

DSC03639.JPG

 

同じく逆アングルから。地味な感じがする車両ではありますが日車が誇る

戦前の優等車であることは間違いありません。

 

お待たせしましたこちらも完成して納品できます。

ご連絡をお待ちしております。

 

 

お知らせ

 

同じくして名鉄3600系高運車シリーズですが3601Fライトパープルと

3602Fクリーム+赤帯仕様については現在生地完成となっております。

 

イヴェントの関係で2つに区切って作業を行いましたので完成時が少し

遅れてしまい申し訳ありません。お盆くらいに完成・納品の予定で

製作をしております。大変申し訳ありませんがもう少々お時間を下さいませ。

| atelierpicta2 | 日記 | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/977
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ