PICTA BLOG
伊豆急ED25・東急ED30を作るその2。

いよいよ週末からは3連休ですね。こうゆう時はサラリーマンが羨ましいですね。

 

さて、昨日先日完成したアダチベースの伊豆急ED25と東急ED30の製作記を

書き始めましたが今回は下回りについてです。

 

DSC04500.JPG

 

写真は伊豆急ED25の下回りです。1エンドと2エンドではエアータンクからの

配管が違います。またキットには線材しか入っていませんのでキットの図面を

(スケッチに等しい)参考に自分で折り曲げないといけません。

結構面倒なカタチをしていますが現物合わせで加工して取付ました。

 

DSC04495.JPG

 

シャーシ裏側の様子。下が伊豆急ED25、上が東急ED30です。

途中で気づいて東急は改造しました。エアータンクとフロントステップ以外は

両者共通です。

 

台車のセンター穴はパワトラではなくNSドライブを搭載しますので

MPアダプター(KSモデルのパーツ)をハンダ付けしておきます。

 

伊豆急のエアータンク奥に付くシリンダーは非常に取り付けにくくて

苦労しました。先に付けてからエアータンクを付ければいいのですが

ロストと分厚い挽き物の組み合わせでハンダの熱でホワイトメタルの

シリンダーが溶ける心配があったから後付けにした次第。

 

DSC04499.JPG

 

フロント周り。左が東急ED30、右が伊豆急ED25です。

東急に渡ってからはフロントステップが付いていません。

また東急で入れ替え作業上反射板が付きますので取付ステーを加工しました。

 

DSC04492.JPG

 

何とか2種6機分の組み立てが終り塗装作業に入れました。(かなりシンドイ)

 

DSC04527.JPG

 

反射板はエコーのパーツを使用。裏側に外径0,8mm内径0,6mmのパイプを

ハンダ付けして取付ステーに差し込むようにしました。

 

DSC04524.JPG

 

当然塗装しなければなりませんので線材に刺して塗装に備えます。

線材はφ0,5mm真鍮線を使い後から抜きやすいようにします。

 

下塗りして赤色を吹いて縁取りを磨きだししてさらにクリアーコートして

完成です。これだけでも手間が掛かっていることがお判り頂けると思います。

 

DSC04529.JPG

 

実際にはこんな感じになります。実車はフロントビームに反射板が掛かるように

なっていますが取付方法がイマイチ強度的に嫌だったのでこのような構造としました。

 

さて、一番大変だったのは台車の加工。

 

DSC04518.JPG

 

キットはパワトラを搭載を前提にしてありますがクライアントの指示でそれ以外で

の動力化の為、NSドライブに変更しました。

 

センタービスが一般台車のように切ってあれば問題ありませんがセンター穴の

当たりは付けてあるもののネジは切ってありません。また台車の肉厚もないので

ネジが切れないのです。まだ、パワトラ全盛の時代ですから仕方がありませんね。

せめてセンターが出してあっただけでもありがたいです。

 

当たりに合わせてφ1,0mmほどのドリルでセンター穴を広げてゆきます。

台車自体にネジ切りは出来ないので「スタット」というパーツを取り付けます。

スタットは先端にわずかに段差が付いていますからそこをガイドにパーツを

ハンダ付けして一般台車のようにセンターベアラーが取り付けられるようにします。

 

この穴あけがとても難しくちょっとでも無理をすると写真のように表に貫通して

しまいお釈迦になってしまいます。

 

DSC04516.JPG

 

慎重にやりつつも結局4枚分をお釈迦にしてしまいました。センター狂いも

含めてですがこの作業は大変難しいです。何とか6機分=24枚の加工が完成。

 

この作業だけで丸1日掛かりました。センターの加工が終ったら両端に付く砂箱を

取付、砂巻き管を台車ブレーキロッドにハンダ付けして管が折れないように

します。また砂巻き管がタイヤ踏面に触れるとショートの原因になりますから

実物合わせてチェックしておきます。

 

DSC04520.JPG

 

下回りのすべての組み立てが終りましたら塗装作業の準備をしておきます。

写真は台車に付くエンドビームですがこのようにスタンドを作り竹串に刺して

塗装に備えます。

 

DSC04523.JPG

 

台車の方は当工房で通常使用している台車ペイントジグにてスタンバイ。

真鍮線から製作したものですが軸穴に差し込んで保持と軸穴への塗装の吹き込みを

防ぐ一石二鳥の優れもの。手元は曲げてありますから塗装後乾燥するため

引っ掛けられるようになっています。

 

今回台車の塗装はすべて黒色塗装ですが下塗りは「トビカ」の黒染めスプレーを

採用しました。塗膜が薄いけど強く、ディテールをツブさないのと乾燥も早いので

黒色塗装をする際は重宝です。ただ、ちょっと高いのが難点ですかね。

 

次回は塗装について投稿して完結します。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 16:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/983
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS

このページの先頭へ