PICTA BLOG
寒くて死にそう・・・。

寒くて死にそうですゥ。少し前まで大寒かと思っていたらもう節分も過ぎて

二月も第二週に入ろうとしています。

 

体調の方はイマイチですが業務多忙ゆえに無理しない程度に工作を進めています。

いろいろと心配して頂き感謝しております。有難う御座います。

 

前回からとん挫していたブログですが工作の方は進めておりますのでご安心を。

前回分の日車ベースの名鉄7500系は現在塗装が終り艤装作業に入っています。

 

DSC06474.JPG

 

前回は色分けするため明るいグレーを吹いたところで終わっていますが

写真のようにマスキングしてシルバーを吹きます。

 

よく銀色を吹いたらしばらくして元の色が滲み出て来て何度吹いても同じことが

起きて困ったという声を時々聞きます。これは先に吹いた色が透けて見える

ブリード現象(専門用語で色が泣くという)が起きるからです。

銀色の顔料は粒子が粗いので溶剤が乾燥すると先の色が透けてきてしまうからです。

そのため目止めに下塗り(明るいグレー)を吹いておくと防げます。

 

DSC06476.JPG

 

ご覧のように吹き込み無しで一発で綺麗に決まりました。マスキングをどれだけ

綺麗に確実に貼れるかがポイントで後からタッチアップすること前提にしないのが

大原則です。

 

DSC06478.JPG

 

色分けした効果があってミリハリの付いた屋上になりました。

この後に色差ししてさらに仕上げてゆきます。

 

DSC06480.JPG

 

ボディーの艶が美しく決まり、塗装作業も終了しました。

 

DSC06484.JPG

 

屋根の地の色はシルバーですがクーラー等のシルバーとは微妙に色合いを変えて

いますので(気が付かない範囲ですが)視覚的なこだわりも持って作業をしています。

 

っという事で間もなく艤装作業も終わって完成と相成ります。

随分とお待たせして申し訳ありません。もうしばらくお待ちくださいませ。

 

 

閑話休題

 

ずっと寒いし、体調も悪くて模型熱も外気温に比例してテンションがた落ちです。

そんな時はちょっと気分転換に何かカンフル剤になるモノを思案・模索したら

今年は蒸気製作を再開してみたいとの思いでサンゴ模型の8100の箱を開けてみた。

 

DSC06510.JPG

 

っが、ショック!スポンジがカステラ化してボディーに付着、浸食しているでは

ありませんか!去る6年ほど前名古屋から東京へ来る前までに少し作っていた

モノとはいえ8年ほどでここまで酷くなるとは・・・。

 

DSC06512.JPG

 

あまりのショックでしばし呆然。別のキットである大夕張の9600(4号機)は

ボディーを薄紙に包んでいたので問題はありませんでしたがこちらは直接スポンジの

中に放り込んでいたのでダメージが大きいです。

 

しかし、運よく動輪に触れていなかったのが幸いして真鍮部分を磨けば何とか

なりそう・・・。

 

DSC06516.JPG

 

ブラスクリーンに漬けおきしてから液体クレンザーで丹念に磨き上げました。

ご覧通り元の真鍮色が戻ってきました。ボイラーに僅かに浸食のザラザラ感が

ありますが磨けば大丈夫みたいです。

 

おかげで何だかテンションが上がってきました。こちらは本業の合間に少しずつ

製作してみようと思っています。アラカルトとしてまたブログに綴ってみたいと

思っております。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/996
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ