PICTA BLOG
東急ED30は間もなく再生産できます。

折角の3連休も肌寒いお休みとなりました。インフルエンザも猛威を振るって

いるようですから気を付けたいですね。

 

さてさて、前回の日車ベースの名鉄7500系と並行して作業をしていました

アダチベースの伊豆急ED25改造の東急ED30が間もなく再生産できます。

 

DSC06867.JPG

 

長い間組み立てに掛かっていたボディーでしたがやっと組み上がり塗装作業に入りました。

今どきのキットならば側面などロストの一発で仕上げるところをチマチマと

半田付けをしなければならず非常に生産性が悪いです。

 

ルーバーのヒンジ表現に真鍮線を折り曲げて一つ一つ付けてゆく作業が

本当に単純で辛い仕事でもありました。キットは大昔の設計なので現在のレベルに

持ってゆくのもセンスの必要も大切ですね。

 

DSC06870.JPG

 

早々に塗装作業に入ってゆきます。いつものようにサクッとプライマーを吹いて。

 

DSC06874.JPG

 

これまたサクッと下塗りを施して。

 

DSC06941.JPG

 

作業灯の白色(既にマスキングしてある)や屋根色を先に塗装しておきます。

 

DSC06943.JPG

 

屋根をマスキングしてボディーの塗装に入ります。ボディーのグリーン色は

実車では2種あったようです。今回も前回同様にして淡緑色にしてあります。

 

DSC07071.JPG

 

研ぎ出しと塗装を数回繰り返して本塗装を終えて色差しとレタを施したらクリアー

コートをして仕上げます。今回も半艶仕上げとなっております。

このあと一部補正やパンタ配管等の色差しを終えて塗装は終了しました。

 

DSC07075.JPG

 

色分けした屋上周り。メリハリが付いてなかなかいい感じになっていると思います。

 

DSC07077.JPG

 

作業灯はキットには入っていませんし、当然市販のものはありませんので当工房にて

ロストの特注品を付けています。その出来は写真の通り。あると無いとで大違いです。

 

ボディーの塗装が済み乾燥待ちの間に小物の加工・塗装も入ってゆきます。

 

DSC07078.JPG

 

ヘッドライトケースはキットのものですが取付位置が違いますので裏側から

穴を開けてパイプを差し込み点灯するようにしてあります。

 

またデッキ前に付く反射板もデッキに差し込んだピンに嵌るように裏側に

極小パイプを切って貼り付けてあります。

 

DSC07083.JPG

 

グレーで下塗りしたあと赤色を吹いてさらに枠を磨きだし(洋白製)から

クリアーコートで仕上げてあります。差し込む裏側のパイプは塗料で詰まって

いる可能性がありますのでドリルで軽くさらっておきます。

 

このように小さいED機ではありますが非常に手間と時間が掛かっております。

前回生産分も僅か1週間で完売したのも頷けると存じます。

今週末くらいには艤装作業も終了して完成・納品の予定です。

| atelierpicta2 | 工作日記 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog2.atelier-picta.com/trackback/997
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS

このページの先頭へ